【30代女子の悩み相談】「10年フリーで仕事をしてきましたがやっぱりずっと将来に不安があります。そんなとき、社員へのお誘いが…!」

美容界で熱烈な支持を集める“皮膚の変態”であり、人生を謳歌する先輩でもある、大野真理子さんのお悩み相談連載。恋に仕事に、人間関係に悩める30代へ、真理子様の金言を贈ります。今月はフリーランスと会社員、今後の働き方にモヤつく30代のお悩み!

〈お悩み〉10年フリーで仕事をしてきましたがやっぱりずっと将来に不安があります。そんなとき、社員へのお誘いが…!だけどフリーの自由さも捨てがたい。どちらを選択したらいいか迷います。

ずっとフリーランスで仕事をしてきて、それなりに実力はついてきました。ただやっぱり将来への不安が拭えません…。そんなとき仕事をいただいている会社から社員にならないかとお誘いがあり、改めて働き方について悩み始めました。フリーの自由さは性に合っていると感じますが、会社員の安定感にも惹かれる。だけど会社に縛られる働き方はストレスフルかも…とも思ったり。真理子様が同じ状況だとしたら、どんな選択をしますか?(33歳・マスコミ関係)

やらない後悔よりもやった後悔のほうがいい。会社員とフリーランスの二足の草鞋も一つの手。人生欲張っていこ!

相談内容に「だけど・・・」「た

相談内容に「だけど・・・」「ただ・・・」が多くて、30代の悩みが尽きない感じが伝わってきますね。私自身は会社をずっと経営していて、それとは別に美容の仕事はフリーランスに近いかたちでやっています。会社員とフリーランスってやっぱり全然違って、すごく面白い。それは経験してみないと分からないことだから、結論から言うと、両方一度は経験してみるのがおすすめ。もし交渉できるのであれば週4勤務、副業OKにしてもらって、両方頑張っちゃう!というのもフリーの人って、24時間体制で仕事をするじゃないですか。たとえばTVを見ているときも、お出かけ中も、自分の仕事に関することには常にアンテナを張っていて。無意識にずっと仕事のことを考えるという働き方が嫌じゃないコがフリーになっている傾向があると思います。だからフリーランスと会社員で悩むなら、「この何年かは気合いを入れて頑張ろう」と決めて両方やってみる。周囲を見ていてもフリーのコって辛抱強いから(笑)、二足の草鞋も絶対やっていけるはずだよ!

あと会社員になるメリットとしては、なんとも言えない心強さがあるんだよね。同僚って友達でもなければ家族でもないけれど、一つの目標に向かってみんなが同じ方向に向かっていくので、本当に心強い。仕事に関して本気で悩みをシェアできて、みんなが同じ温度感で悩めるって、「なにこの心強さ!」って。だから私も会社に行くと、めっちゃほっとするんですよ。フリーの人が抱えている心の不安を、会社が満たしてくれる部分は大きいと思います。私も今考えると、数年は会社員をやってみたほうがよかったなって。会社って全然思い通りにいかないこともあるし、自分がいろいろとのみ込むことで生まれる会社としての調和もあるし。そういうのも、自分の経験値になる。相談者さんは33歳だから、今がチャンスですね!さらにお姉さんになると入社先の人が若干気を遣うだろうし。私たちは高い税金を払って職業選択の自由を得ているわけだから、気負わず1~2年勤めてみるのもいいんじゃないかな?今フリーでやっていける実力があるならきっとキャパもあるし、すぐにまた戻れるよ。人生欲張ってこ!やらなくて後悔するくらいなら、やって後悔したほうが絶対いい

突然話が飛ぶけど、相談者さんにおすすめしたいのが“OLプレイ”(笑)!せっかく会社員になるなら、洋服もメークもコスプレ感覚で楽しんでみてほしい。私も数年前に『キム秘書はいったい、なぜ?』が話題になったときに、ずっとコスプレをしていました。来る日も来る日もテロッとしたシルクブラウスにタイトスカート、これを半年くらい続けていたら、周囲に私はこういう人なんだっていうのが浸透して。きちんとしたスカートに、きちんとしたパンプスを履いて・・・そんな装いだと、徐々に周りの人が丁寧に扱ってくれる(笑)。商談もまとまりすぎて、やめられなくなっちゃった!すごく生きやすくなる。”人は見た目が10割”ってまさにこれだなという体験。本当に楽しいからぜひやってみてね!

今月の真理子様

先日の大阪出張ではお一人様時間

先日の大阪出張ではお一人様時間を満喫
先日お仕事で大阪へ。一人になれる時間は貴重だなと実感。持ち運びしやすいミニサイズのスキンケアを持参して満喫しました!

アパレル・コスメ会社経営/美容家 大野真理子さん
スキンケアや美容医療への豊富な知識から、〝皮膚の変態〟として一躍話題に。人生相談も多く寄せられ、インスタライブ『真理子会議』では、婚活女子や夫婦仲に悩む女性を数多く救っている。

撮影/五十嵐 洋 イラスト/本田佳世 取材/広田香奈 再構成/Bravoworks.Inc

Pickup