CLASSY.

特集

郡山雅代さんpresents!NY風のモノトーンプロップスの作り方①ガーランド&フォトサイン編

How to make “Garland”

1.ペーパーフラワーを作る。まず、紙を花びら形と長方形に切る。花びらは、作りたいペーパーフラワーの大きさに合わせてサイズ違いに切る。きっちりと形を整えずに、フリーハンドで切ったほうが、ニュアンスが生まれて自然な仕上がりに。また、枚数を増やせば花弁部分にボリュームが出る。長方形の紙には細かい切り込みを入れる。

2.花びらはカールさせる。長方形の紙は端からしっかりと巻き、花芯部分にする。このとき、クイリングバー(※1)があれば細かい作業も簡単。

※1丸めた紙のパーツを組合わせて様々な形を作るペーパーアート「クイリング」で使われる道具。手芸用品店で購入可能。

3.花びらは大きいものから重ねてグルーガンで留め、花弁部分を作る。花芯部分には造花用めしべ(※2)を挿し、花弁部分の中心にグルーガンで固定する。

※2手芸店などで造花用ペップという商品名で販売されている。

4.紐をはさむようにして白いリボンの端を折り返し、グルーガンで留める。白いリボンを少しずつ重ねて留めていき、数本ごとに銀のリボンを混ぜる。このとき、リボンの表は、グルーガンで留めた面の反対になるように注意。

※3リボンはシモジマ 浅草橋本店にて安価で購入可能。

5.グル―ガンを使い、リボンの表面上部に3のペーパーフラワーを留める。

How to make “Photo sign”

1.スチレンボードをフォトフレーム形に切り抜く。大きさはお好みで。4~5人が入るサイズにすると、ゲスト数人と一緒に写ることができるのでオススメ。

2.余白に新郎新婦の名前やパーティーの日付、メッセージなどを書く。

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE