CLASSY.

マナー

ストラップ付きやぺたんこ靴はアリ?ナシ?結婚式のパンプスマナー

結婚式に履いていくパンプスにも洋服と同じドレスコードがあるのを知っていますか? 正しいマナーを知って結婚式に参列するときの参考にしてみて下さい。

■基本はフォーマル

そもそもパンプスとは、つま先とかかと部分の両方が共に覆われ、締めひもや留め金は付いていないシンプルな靴のこと。結婚式のようなフォーマルな場では基本的にこのようなパンプスを履きます。もちろんストッキングは必ず着用してください。

■ヒールの高さは?

理想は5㎝~10㎝。ある程度高さがあるとフォーマル感がでます。しかし、ヒールはどうも苦手という方には、ローヒールでもOK。3㎝以上でエナメル素材やりぼん、光る石などの飾りのあるものを選ぶとよいでしょう。

■ストラップ付きはアリ?

OKです! むしろストラップ付きだと少々ヒールが高くても安定感が出て歩きやすいのでオススメ。ただしつま先とかかとが両方見えないタイプのパンプスを選ぶこと。

最近はつま先が見えるオープントゥパンプスも会場でちらほら見かけますが、友人の結婚式なら許容範囲でOK。しかし親族として出席する場合はきちんとしたフォーマルなものを履くのがマナーです。

■花嫁と同じ白のパンプスはアリ?

ドレスの場合、花嫁と同じドレスの色となってしまう白はNGと言われていますが、実は靴はOKなのです。白パンプスにゴールドやシルバーのアクセサリーやドレスと上手くコーディネートすればオシャレな着こなしになるでしょう。

実は、暗いイメージになりがちな黒もOK! お葬式にも使えるなど、慶弔両用に使い回すことができ便利です。また結婚式用に光沢感の出るエナメルや、かかとにリボンがついたデザインを選んでみてもよいでしょう。

■NGなパンプスはどんなもの?

・ヘビやワニなど爬虫類系の型押しされたデザイン
・アニマル柄(ヒョウ柄など)
・コットンや麻などのカジュアルなパンプス
・ぺたんこ靴(最低3㎝以上が理想)

カジュアルなレストランウエディングやビュッフェスタイルなど、会場によってはつま先が見えるオープントゥパンプスでも大丈夫ですが、上記のような靴はおすすめできません。また、新郎深部の友人主催の二次会などではサンダルやミュールでも許容範囲でしょう。

 

会場やシーンによって賢く履き分けられるのが大人の女性のマナーです。

 

文/中山みゆき 画像/Shutterstock(flywish、279photo Studio、Kristina Kokhanova、Alex Andrel、fabiodevilla、nadtochiy)

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE