CLASSY.

マナー

顔合わせのときはワンピースを!プレ花嫁が気を付けるべき服装マナー5つ

お互いの両親に結婚の承諾をもらったら、次のステップは親族の顔合わせ。親睦を兼ねて食事会をするのが今どきのかたちです。お相手の親族に好印象を持ってもらえるような服装マナーをまとめてみました。

■今どきの結婚の顔合わせって?

最近の傾向として、結納は行わず、両家の顔合わせとしてお互いの親族を紹介し、親睦を深める食事会が多くなってきています。お互いの人柄を知るきっかけになるので、良い印象を残す、好感度を上げられるような服装が大事なポイントになってきます。

■基本の服装・スタイルやカラーは?

ドレスコードはフォーマル。となると、一番多く選ばれるのはワンピースでしょう。フォーマルの中でも一番格式が高く上品で清潔感があり、顔合わせにはピッタリな服装です。柄物を避け、無地を選んだほうが良いでしょう。特に白、ベージュやパステルカラーはふんわりとした、柔らかいイメージを与えられます。スカート丈はひざ丈かひざ下丈、露出の少ないデザインというのがマストです。

トップス(ブラウス、カーディガン)+スカートというコーディネートをする場合、普段使いにならないよう、きれい目なデザインをトップスに選ぶことがポイントです。固すぎず、柔らかく、優しいイメージを与えられます。

スカートタイプのスーツもおすすめ! きちんとしたイメージになりますが、明るめのカラーなら女性らしさが出るでしょう。ただし間違ってもリクルートスーツは選ばないように!

■メーク、ヘアスタイル、ネイルはどうすればいい?

セミロングやロングは“まとめる”のが基本。食事の際、髪をかきあげて食べなければならないようなアレンジはNG! また、メークは基本ナチュラルに。アイシャドウや口紅は控えめな色目にしましょう。長く伸びすぎた爪は程よい長さに整えて、ネイルの色は淡いピンク系にしておくと清潔感がでます。

■靴や小物で気をつけること

フォーマルな服にはパンプスが似合います。ヒールも高すぎず、3cm前後がよいでしょう。また真夏でもストキングは着用します。ブランドのアクセサリーやバッグも悪いとはいいませんが、あまり派手な印象を与えないようなデザインやカラーを考えましょう。香水は基本的につけないでください。

■着物はかしこまり過ぎる?

未婚女性の第一礼装は「振袖」です。しかも一番格式の高い服装ですが、結構着ていく方も多いようです。また略礼装の「訪問着」や紋の数で格式が変わってくる「色留袖」などもありますが、着物を着る場合は、会場の雰囲気や両家の格を合わせるために男性側と相談する方がよいでしょう。

 

これで準備万端……と服装マナーをしっかり押さえておいても、両家の服装の「格」が合っていなければ失敗します。事前に彼と相談することを忘れないでください。

 

文/中山みゆき 画像/PIXTA(ピクスタ)(yacobchuk、Rawpixel、iprachenko、Undrey、Fast&Slow、HIME&HINA)

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE