CLASSY.

PR TIMES / イベント

GWの出店決定! 人気生食パンが登場! サニーベッカリー、『ゆめちから もちもち生食パン』が、町田東急ツインズでGW期間中だけの限定販売

~北海道十勝産小麦「ゆめちから」100%で焼き上げた生食パンに注目~

保存料を使わない朝ごね製法で人気の町田のベーカリーショップ「サニーベッカリー」(東京都町田市旭町1-21-14、代表:小山雅明)は、2019年4月30日(火)~5月5日(日)のイベント期間、町田東急ツインズ「パークアベニュー通り」沿いイベントスペースに出店いたします。

 『ゆめちから もちもち生食パン』は、2017年にサニーベッカリーで誕生した「食パン」です。その「もちもちな食感」は、一度食べたら病みつきになると、多くのお客様から好評をいただき、口コミだけで人気商品となりました。お客様アンケートでも、「一度食べたらこの生食パン以外食べられない!」という声もいただくほど。

 今回この『ゆめちから もちもち生食パン』を、町田東急ツインズにてGW期間中限定で販売することになりました。
 生食パン以外にも、クリームパン、ミルクフランス、メロンパン、もっちりパンなど、サニーベッカリーの人気商品が勢ぞろいします。

『ゆめちから もちもち生食パン』人気の秘密
「ゆめちから もちもち生食パン」は、北海道十勝平野の大地が育んだ「ゆめちから」という国産小麦粉100%で作っています。
 普通の食パンは数種類の小麦粉をブレンドして作るところを、小麦そのものの風味を味わっていただくために、「ゆめちから」のみを使って食パンを完成させました。

 「ゆめちから」は、小麦粉の中でも、より粘り気の強いものです。その粘り気を生かしたもちもち感と、しっとり・ふわふわな食感を同時に出しているのが、「ゆめちから もちもち生食パン」。
 粘り気の強い小麦粉は、パンの製造が非常に難しいものです。それは、通常の作り方だと、ふっくらふわふわにならず、黒パンのように固くなってしまうからです。その困難さにあえて挑み、粘り気の強い「ゆめちから」のみで美味しいパン作りにチャレンジしました。

 サニーベッカリーで生まれるパンの最大の特徴は、その日の朝にこねて焼き上げまでノンストップでパンづくりの工程を行う「スクラッチ製法」の「朝ごね」にあります。「もっちり感」と「しっとり・ふわふわ感」は、ここから生まれます。また、「湯種製法」と徹底した温度・湿度管理で、生地の美味しさを最大限に引き出しています。

■出店情報■
会場:町田東急ツインズ 「パークアベニュー通り」沿いイベントスペース
出店期間:2019年4月30日~5月5日
なお、4月25日~28日は東急ツインズ1F「パンとお菓子のフェスタ」会場に出店します。

■「サニーベッカリー」について■
アイワ広告株式会社(東京都町田市旭町1-21-14、代表:小山雅明)のベーカリー事業部門として、2016年オープン。小さな子どもからお年寄りまで「安心・安全」に美味しいパンを笑顔で食べていただくことをコンセプトに、保存料を使わないことと、素材にこだわったパンづくりを行っています。

 もともとは、アイワ広告の社員食堂から生まれたベーカリーショップ。お客様に喜んでいただくために、味と食感に徹底的にこだわったパンづくりを行っています。



 とれたての野菜や魚、果物が美味しいように、その日の朝にこねた「朝ごね」パンが一番美味しい!

 サニーベッカリーの取組みとお客様へのお約束は、無料購読できる電子書籍「太陽ばっかり。」で是非ご確認ください。

https://aiwa-ad.co.jp/taiyoubakkari/

店舗概要 

サニーベッカリー
■URL:https://www.sunnybakkery.com/
■所在地:東京都町田市旭町1-21-14
■電話番号:042-850-8555
■営業時間:7:30~18:00
■定休日:火曜日

会社概要 

■会社名:アイワ広告株式会社
■所在地:〒194-0023 東京都町田市旭町1-21-14
■電話番号 :042-710-1200
■代表:代表取締役社長 小山 雅明
■事業内容:店舗売り上げアップコンサルティング、屋外広告事業、ベーカリー・カフェ事業、電子書籍出版事業

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE