CLASSY.

特集

これからの季節にぴったりの最旬ハーブ& スパイスレストラン その2

今回は、南米から東南アジアまで、多種多様なスパイス料理をご紹介。各国の土地柄を活かした素材や香辛料の違いを楽しんで。

シェフが惚れ込んだペルー料理の魅力に開眼するはず!

【祐天寺】EL CEBICHERO

南米で出合ったペルー料理に可能性を感じて、人気店「ベポカ」そして魚の扱いを学ぶために和食「NOBU」で修業、満を持して独立したオーナーシェフの谷口大明さん。数種の唐辛子を駆使して作り出される品々は、ペルーの食文化を垣間見せてくれます。

  • 真鯛、ヤリイカ、タコ、ホッキ貝などをマリネ仕立てにした一品はビールに好相性。セビチェミクスト¥1,500

  • アヒアマリージョという黄色唐辛子、ターメリックなどに牛乳とパンでトロミをつけた鶏胸肉の煮込み。アヒデガジーナ¥1,200

  • 現地では屋台フードとして親しまれている牛ハツの串焼き。クミンやオレガノ、黒胡椒などのスパイシーなソースで。アンティクーチョ¥1,000

目黒区五本木2-15-3
ランチ金~日のみ11:30~15:00(L.O.14:00)
17:30~22:00(L.O21:00) ㊡水曜
https://www.facebook.com/elcebichero/

伝説のシェフが腕を振るう、最新タイ料理店が登場

【大久保】Baan Tum 2

店を移籍するたびに追いかけるファンが続出し、伝説のシェフと呼ばれるタムさんがオーナーシェフとして新大久保を拠点にしたのは昨年8月のこと。そのほど近くに2号店がオープンしました! 独創的な味付けのバランスや絶妙な火入れ加減の技術に驚くはず。

  • 自家製の発酵ソーセージ〝ネーム〟と香ばしく揚げたお米のサラダ。野菜と一緒にいただくと食感も楽しい。ネームクルック¥1,280

  • 定番の青パパイヤのサラダにぶつ切りにした渡り蟹を加えて。辛さの後からじわじわと旨みが広がります。ソムタムプーマー¥1,500

  • 辛さと甘さ、酸味のバランスが味わいに奥行きを出している、タムさんならではの一皿。焼きナスと海鮮のサラダ¥1,280

新宿区北新宿3-1-3 クラウンビル1F
E11:00~15:00(L.O.14:30)
17:00~23:00(L.O.22:30)
㊡火曜

素材の味わいを大切にした、温かみあるモロッコ料理

【東北沢】ENRIQUE MARRUECOS

モロッコ旅行中に食した料理に惹かれ、それから間もなく彼の地へ移住したオーナーの小川歩美さん。一般家庭やレストランのキッチン、さらに料理研究家の下で学んだ料理は、素材の持ち味を活かすスパイス使いで、食べ飽きない穏やかさに満ちています。

  • スペインの影響を受けた北部の一品は、アヒージョのように唐辛子やにんにくを入れたオイルでソテーした海老。¥900

  • じゃがいもやトマト、ピーマンといった野菜と白身魚を重ね、クミンなどを加えてゆっくりと煮込むと素材の旨みが一体に。この日は鯛を使って。本日の鮮魚のタジン¥1,900

  • 粗挽き羊肉で作ったソーセージ〝メルゲーズ〟にはピリリと辛いハリッサを添えて。¥900

世田谷区北沢3-1-15
E火~金18:00~L.O.22:00
土日祝17:30~L.O.21:30
㊡月曜 http://cuisinedumaroc.jp/

食の宝庫・シンガポールを実感するメニューの数々

【淡路町】松記鶏飯

中国やインド、マレーなどの多彩な食文化が集まるシンガポール。その魅力を伝えるべく、年に数回、現地へ赴き、ローカルレストランを巡る店主の松本裕介さん。訪れるたびに楽しみがある本格的なシンガポール料理は、自然派ワインなどのお酒も進みます。

  • にんにくや白胡椒、八角などで煮込んだスペアリブ。体の中からじんわりと温まります。肉骨茶
    2人前¥1,600

  • しっとり柔らかく仕上げた鶏肉を鶏スープで炊いたご飯でいただく一品はこちらの看板メニュー。海南鶏飯(大)¥1,200

  • 手作りの辛いソース〝サンバル〟をかけたオクラ¥780と唐辛子やハーブが効いたピクルス〝ニョニャアチャー〟¥480はどちらもマレー系の伝統料理。

千代田区神田司町2-15-1パレヤソジマ102
11:30~14:00(L.O.13:30)
18:00~23:00(L.O.22:00)㊡日曜、祝日
https://www.facebook.com/songkeejeefan/

撮影/土居麻紀子 取材/首藤奈穂

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE