CLASSY.

【インフィニティ露天風呂と極上スパ♡】 アラサーの女子旅にぴったりの宿を発見!―皆生 游月―

夏休みの予定はもう立てましたか?日頃の疲れを癒し、非日常にトリップできる空間を求めているアラサー女子たちにぴったりの宿が鳥取県米子市皆生(かいけ)温泉にあるんです!どこに行こうか悩んでいるというあなたへ、自信を持っておすすめします♡

お部屋はすべて露天風呂付き♡

鳥取県米子市皆生温泉の『游月(ゆうげつ)』はこの春オープンしたばかり。全室フロントオーシャンビューで、全室テラス温泉露天風呂付き。さらに全室にツインルームと和室を設けており、ユニット別に寝室を分けられるという広々とした贅沢な作り。

見て食べて美味しい創作和食レストラン!

レストランは、「飲食同調(マリアージュ/ペアリング)」を提供する創作和食レストラン。総支配人自らがシェフソムリエで、複数の日本ソムリエ協会認定ソムリエと唎酒師が在籍!旅館ながら高級ホテルのような素晴らしいお料理とお酒を味わえます。もちろんレストランもフロントオーシャンビュー。夏は海に沈む夕焼けを、冬は日本海の荒々しさと雪景色を眺めながら、四季の美しい日本海を楽しめるんです。

  • 隠岐産あわび、トリュフ、アスパラ

  • 鳥取牛オレイン55 軽く燻した香り、付け野菜

  • 白ばい貝、黄韮、いくら、新緑あん、地穴子捻り焼、手長海老、鴨ロース山菜束ね

  • レストランからの眺めも最高!

日本海を望むインフィニティ露天風呂!

そして、その日本海をもっとも楽しめるのは目玉であるインフィニティ露天風呂!水平線と湯船が一体に感じる露天風呂は、まるで海に浮かんでいるよう。これぞ非日常!な空間です。

夕方も朝焼けも…どちらも素敵!

うっとり…トリップ間違いなしのスパ♡

そして女子旅にうれしいスパも素晴らしいの一言!『floating spa SOLA』は、“宙・空に一番近いスパトリートメントルーム”がコンセプト。
古来からたくさんの神話が語り継がれている山陰地方ですが、おとなり島根県の出雲大社にある「八雲之図」からインスピレーションを受けたというヘッドスパは、一度体験したら忘れられない心地よさ。“頭疲れ”(※注)のストレスリリースにフォーカスした内容のメインは、“シロダーラ”と呼ばれる額からヘッド全体にあたためたオイルを流すケア。ゆったり流れるオイルの感触と、熟練のセラピストの手技で、天にも昇る気持ちよさを体験できます♡
ちなみに使っているコスメはアーユルヴェーダを現代のニーズに合わせて取り入れたニューヨーク生まれのスキンケアブランド『SUNDÃRI(スンダリ)』。奥深く爽やかな香りに癒やされること間違いなし。

“八雲”になぞらえて、いたるところに雲のモチーフが。

トリートメントルーム内も、神聖なムード。スピリチュアルな雰囲気でさらに非日常感がアップ。

窓の外には雄大な日本海が。究極のリラックスへと誘います。

終わった後は、頭も体もすべてが驚くほどすっきり!目もともぱっちりして、“溜まっていた疲れが吹き飛んだ!”と実感するはず!

おすすめメニューはこちら。

●「游 FLOATING シグネチャーパッケージ」 120分(所要時間 150分) ¥33,000
(ボディ+ミニフェイシャル+シロダーラ+ヘッド)

●「八雲之シロダーラ・ヘッドスパ」 45分(所要時間 75分) ¥13,500~

※注
私たちの“頭”は、仕事疲れ、人間関係疲れ、運動疲れ、家事疲れなど、いろいろな疲れをすべて「ストレス」として受け取ります。強いストレス状態が続くと“頭”が処理できなくなり、本来の働きが滞ってしまいます。頭が「ストレス」を感じると、身体が「疲れた」というシグナルを送るので、その疲れをリセットするためにも、“頭”の疲れをリセットすることが何より大切なのです。

羽田空港から米子空港までは1時間15分。近くには「水木しげるロード」などの観光地もあり、夏休みを堪能できること間違いなし!
日ごろ頑張ってる自分へのご褒美に。ぜひおすすめしたいスポットです!

●infomation
皆生温泉 游月
〒683-0001
鳥取県米子市皆生温泉3-11-1
☎0859-31-0080  ※スパのお問い合わせもこちらへ
https://kaike-yugetsu.jp/

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE