CLASSY.

マナー

「仕事をください」は嫌がられる?大人なら正しく使いたいビジネス言葉

仕事や営業先で“こんな時は何て言えばいいんだろう?”と悩んだことはありませんか?

また、上司やクライアントに使う言葉がいわゆる若者言葉だったり、くだけた表現だったりすると、会社で使うにはふさわしくないもの。そんな時、“正しいビジネス言葉”を知っていると役立つでしょう。

そこで今回は、ビジネスシーンでよく使われる「仕事をください」というフレーズのさまざまな言い方をご紹介します。

■「仕事をください」

自分の手が空いていたり、担当業務に余裕があったりして、上司や先輩の仕事を手伝いたい時に「仕事をください」とお願いすることがあるでしょう。また、営業先などでも相手の力になれないか、その旨を確認する時に使うことがあります。

しかし、そのままストレートに「仕事をください」と言ってしまうと、ぶしつけなお願いに聞こえてしまう可能性が高く、目上の人からすると「礼儀をわきまえていない」と捉えられてしまうかもしれません。

そこで、以下より「仕事をください」の正しい言い換えをご説明します。ぜひ覚えておきましょう。

■「仕事をください」を言い換えると?

「お手伝いさせてください」

「仕事」という言葉を使わなくても、「お手伝いさせてください」と言えば、仕事を手伝いたい気持ちが相手に伝わる適切な表現です。

例えば、クライアントに言う時は「ぜひ、我が社でお手伝いさせてください」などと伝えるのが無難でしょう。

また、立場が上の人から下の人に対して、手伝えることがないかを聞きたい時は「お申しつけください」と言います。「仕事をください」は言う相手によって、言い換え言葉が変わることを把握しておきましょう。

「ご用命ください」

ビジネスシーンなど、きちんとした言葉遣いが求められる場で使うなら「ご用命ください」もおすすめです。「用命(ようめい)」には「用事を言いつけること」「注文すること」という意味があります。

自分に対して注文や頼みたいことがある時は「ご用命ください」と言うといいでしょう。

ちなみに「命」には「申しつける」という意味があります。こちらも併せて覚えておくといいでしょう。

「オファー」

相手が何か仕事がほしい時に「オファー」という言葉を使う場合もあります。「オファー」とは「申し込む」「提供する」という意味の言葉で、たとえば「オファーをお待ちしております」といったように使うといいでしょう。

また、相手から注文を受けたり仕事を依頼されたりした時には「オファーを受けた」と言うのが良いそうです。

 

そのまま「仕事ください」とはなかなか言いにくいものですが、言い換え言葉を使うと、言いづらい表現も自然に相手に伝えることができます。

同じ意味の言葉でも、言う相手やその場の雰囲気に合わせて、上手く使い分けられるようにしておきましょう。

 

参考文献
齋藤 孝『大人の語彙力ノート どっちが正しい?編』(SBクリエイティブ)

文/大内千明 画像/Shutterstock(ESB Professional、Dmytro Zinkevych、Konstantin Chagin、nd3000、Roman Samborskyi)

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE