CLASSY.

ニュース

ジュエリーと宝飾芸術を学ぶ学校「レコール」を通じて学ぶこと

仕事もプライベートも落ち着いてくると、自分のこと、彼や友達のこと、そして物事など、さまざまなことに考えを巡らせてしまうことがあります。答えを見つけたいけれど、見つけられない。そんな時は「学び」から、何か糸口を見つけてみてはいかが?

今回は、世界で活躍するプロも通い、自分ならではの発見を見つけることができたと賞賛した、ヴァン クリーフ&アーペルが支援する「レコール ジュエリーと宝飾芸術の学校」をご紹介。新たな自分自身に出会えるかもしれません!

世界で注目を集める「レコール ジュエリーと宝飾芸術の学校」の日本特別講座が開講!

フランスを代表するハイジュエリーメゾン ヴァン クリーフ&アーペルの支援のもと2012年にパリのヴァンドーム広場に創設された「レコール ジュエリーと宝飾芸術の学校」が今、注目されています。ここは、年齢や経験を問わず、世界初のジュエリーと宝飾芸術を学ぶ学校。通年、本校であるパリにおいて講義を提供していますが、ニューヨーク、ドバイ、香港、日本など主要都市でも特別講座を開講していることから世界でも話題に。そして、今回、2019年2月23日(土)より14日間、京都造形芸術大学 外苑キャンパスにて特別講座が開講されることが決まりました!

その開講に先駆け、「レコール」のパリ本校で講義を体験してきたロボットクリエイター高橋智隆さんのWeb動画(https://jp.lecolevancleefarpels.com/ja/tomotaka-takahashi-robot-creator)を配信。高橋さんは、テクノロジーで未来を創造するロボットクリエイターという作り手視点から伝統的な手仕事=サヴォアフェールを体験し、新しい出会い・学び・交流を通じて「ジュエリー職人」と「ロボットクリエイター」の共通点を見つけ出しました。動画ではその様子が描かれ、「レコール」がジュエリーを好きなファンがその歴史を学び、それが生み出される過程を体験して、ジュエリーのことをもっと好きになる場」であるとコメント。また「職人の作業が緻密で、ジュエリーを作っていく過程とロボットを生み出す過程に共通点がある」と感じ、改めて人の手によるものづくりの大切さを学んだそうです。

動画内には、高橋さん開発の人形ロボット「ロボボン」も登場。ロボットに新たな命の息吹を吹き込む自身のロボット製作シーンも描かれています。ぜひその様子をご覧ください。

TOMOTAKA TAKAHASHI/ロボットクリエイター
高橋智隆。株式会社ロボ・ガレージ代表取締役社長。東京大学先端科学技術研究センター特任准教授、大阪電気通信大学総合情報学部メディアコンピュータシステム学科客員教授、福山大学工学部電子ロボット科客員教授、ヒューマンキッズサイエンスロボット教室アドバイザー、ロボット専門店ロボベース顧問。グローブライド株式会社社外取締役。

日本特別講座とともに訪れる3つのエキシビション

レコール開講の期間中、京都造形芸術大学 外苑キャンパス内ではジュエリーに関する興味深いエキシビションも開催されます。エキシビションは申込みが不要で、入場は無料です。普段は見られないコレクションばかりなので、ぜひ足を運んでみて!

展覧会1

「タヴェルニエのダイヤモンドを巡る冒険~ムガル帝国から太陽王へ~」

かつてルイ14世が所有し、現在は行方不明となっているダイヤモンド20石のレプリカを展示。パリ 国立自然史博物館とレコールが研究調査を重ね、最先端技術と熟練の職人の手仕事によって、やっと現代に甦ったというもの。レプリカとはいえ、なかなかお目にかかれないアイテムです。

展覧会2

「ハルミ・クロソフスカ・ド・ローラ~《自然の痕跡》」

ヨーロッパを拠点に作品を手掛けるデザイナー ハルミ・クロソフスカ・ド・ローラ氏。世界にさきがけ、彼女の新作ジュエリーが日本で初公開! そのほか、ヨーロッパと日本、異なる文化が交わる中で構想された彼女のジュエリーや工芸品、オブジェも紹介されます。

展覧会3

「Through the Eyes of a Connoisseur~ある愛好家の目線」

レコールが訪れた土地の著名なジュエリー愛好家や専門家によるプライベート コレクションを特別公開。嗜好品の域を超えた美術品としてのジュエリーが見られるチャンスです。アールヌーヴォー期に生まれたジュエリーの奥深さや美しさを知る稀少な機会となります。

「レコール ジュエリーと宝飾芸術の学校」の情報は特別サイトからCHECK

「レコール」は日本特別講座公式ウェブサイトをオープン。このサイトではすべての講義のオンライン登録が可能で、それぞれの講義の内容、レコールの概要をチェックできます。また、同時開催するジュエリーのエキシビションや、ジュエリーの世界を深く掘り下げる対話形式のレクチャー「イブニング カンバセーション」の詳細など、さまざまなレコールの情報を幅広く得られます。

◆「レコール ジュエリーと宝飾芸術の学校」 日本特別講座

開催期間:2019年2月23日(土)〜3月8日(金) 14日間
場所:京都造形芸術大学 外苑キャンパス(東京都港区北青山1-7-15)
公式ウェブサイト:https://jp.lecolevancleefarpels.com/
お問合わせ先:レコール 日本特別講座 事務局 
TEL. 0120−50−2895(フリーダイヤル)

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE