CLASSY.

恋愛

この仕草に年下男子は大興奮!年上女性の甘えエピソード5つ

あなたは年下男性との恋愛はありですか? なしですか?

最近では、某テレビ局のドラマに影響され、年下男性と恋をしてみたいと思うアラサー女性が増えてきているようです。

そこで今回はアラサー女性からみる年下男性(25~30歳)23名を対象に、年上女性の甘えエピソードを取材してきました。こんな言動に年下男性は大興奮するようです。

1.普段言わない悩みを打ち明けてくれた

「先輩と仕事中、語っていたら深い話になり、『誰にも言わないでね』と自分にだけ悩みを打ち明けてくれた時は嬉しかったです。年下の自分を一人の男性として頼ってくれているのかな」(29歳・証券)

抱えている悩みを打ち明けるということは、相手を信頼している証ですので、年下男性はうれしいはずです。また、悩みを共有することで、2人にしか分からない空間が生まれ、仲が深まることも多いですよ。

2.出張中の新幹線で肩にもたれかかる

「出張帰りの新幹線で上司が寝てしまって、しばらくしたら肩にもたれかかってきました。いろいろな意味で心臓がバクバクでした」(28歳・メーカー勤務)

まず、女性が熟睡できるのは気を許した相手の前でしかできませんよね。さらに肩にもたれかかるのも、無意識ではありますが隣にいる相手に安心しているからでしょう。

肩が触れているドキドキ感が疑似恋愛と錯覚し、本当に恋愛に発展するパターンもありますよ。

3.突然、呼び名が変わる

「先輩が仕事の頼み事をしてくるとき、いつもオレのことを『○○くん』と呼んでいるのに『○○ちゃん、お願いっ』と甘えた呼び名になるのがかわいくて、つい引き受けてしまいます」(29歳・金融関係)

年下社会人男性はどうしても上下関係を気にしてしまう傾向があります。このようにフレンドリーに呼ぶだけで、新鮮味を感じてあなたとの距離が縮まったという錯覚を起こすことも。さりげなく年下男性を普段とは別の呼び名で呼んでドキッとさせてみては?

4.老化現象さえかわいく…

「先輩が外回りで歩き疲れたらしく、腰をおさえながら『もうちょっとゆっくり行こう?』と言ってきた時。キャリアウーマンで活発なイメージから想像できない仕草でかわいかった」(28歳・保険関係)

外回りでは歩くことが多く、アラサー女性が一日歩き回ると、時に足腰に負担がきますよね。「疲れた……」と愚痴をこぼすのではなく、さりげなく歩幅を合わせてほしいとリクエストすることで、歩くのが早い男らしさを立てつつ、年上女性ならではのか弱さをアピールすることができますよ。

5.褒めたら予想以上に照れていた

「先輩のプレゼン終了後、『すごくよかったです! 今度教えてください』と伝えたら顔を真っ赤にして『いいよ、でも高いよ?』と冗談で照れ隠しする姿が忘れられず気になる存在に……」(メーカー勤務・28歳)

自分の言葉に対し、予想以上の反応が返ってくるとうれしいですよね。さらに男性は独占欲が強いため、かわいい仕草や笑顔を見るとひとり占めしたいと思うもの。

そこから気になって恋愛に発展するケースも多いですよ。年下男性へのリアクションは常に全力で!

 

しっかり者で姉御のイメージを払拭するような、年上女性の甘えた姿に年下男性は大興奮! 年下男性と接することの多い女性はぜひ年齢を強みに恋を芽生えさせてみてはいかがでしょうか?

 

文/岸川菜月 画像/Shutterstock(Dragan Grkic、Antonio Guillem、AboutLife、g-stockstudio、Dusan Petkovic、bbernard)

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE