CLASSY.

特集

あるある!ショッパーバッグやビニール袋を上手にストックする方法

買い物の際にもらう、おしゃれなショッパーバッグやビニール袋。気づくと、必要以上に溜まっていませんか?

あると便利なモノですが、増えすぎて扱いに困る存在になってしまわないよう、ときには処理することも必要です。

おしゃれなショッパーバッグ、持ちすぎていると何が問題?

ショッパーバッグは、人にプレゼントを渡す時や、ちょっとした収納アイテムの代わりになったりと使い道は様々なので、ついとっておきたくなりますよね。また、ビニール袋もゴミ袋になったりと、生活には欠かせない消耗品のため、捨てずに再利用したいところ。

あれば何かと使う機会もあり、捨てずにストックしている方も多いと思いますが、注意したいのが、ストックする量。

多くの人が、ストック量の適正を超えて、持ちすぎている状態です。

適正な量とは?

何かと使い道のあるショッパーバッグやビニール袋。小さく畳めるとはいえ、量が増えると意外とかさばり、保管するのにもスペースが必要となってしまいます。無料でもらったもので、部屋や収納の貴重なスペースがムダになってしまうのはもったいないですよね。

さらに、ストックの量が増えるということは、使う量と取っておく量のバランスが合っていないということ。そのままではストックは増え続ける一方です。量が増えていけば、ストックの管理も雑になり、いざ使う時がきても、用途に合った適当なものを取り出しにくくなるでしょう。

普段の使い道は?

ショッパーバッグやビニール袋の適正なストック量は人それぞれですが、実際にどんな用途で使っているかを考えると、必要なストックの目安がわかります。

例えば、あなたがショッパーバッグを使うのはどんな時でしょうか? 通勤のサブバッグや手土産入れに使うという人が多いと思いますが、それ以外に使う機会はありますか?

また、大きいサイズのショッパーバッグこそ、使う機会がほとんどないという人もいるのではないでしょうか?

あなたに合ったストック量を保つために

例えば、“保管するスペースに入らない分は捨てる”、“半年以上使わないなら捨てる”など、自分ルールを作ってみるのはいかがでしょうか?

「いつか使う機会があるかも……」と思って捨てられない気持ちもわかりますが、不要なものに貴重な部屋のスペースを奪われてしまうことも、もったいないことだということを忘れずに。

また、ビニール袋がたまりすぎて困っているという人は、意識してマイバッグも持ち歩いたり、買い物の際に断ったりするなど心掛けることで、ビニール袋の山から解放されるようになりますよ。

 

あると便利なショッパーバッグやビニール袋。適正な量をストックして、便利に使ってくださいね。

 

文/maiko 画像/maiko、Shutterstock(liza54500、OBprod)

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE