CLASSY.

特集

【無印良品】コレは便利!一人暮らしでも大活躍な収納アイテム

無印良品の収納アイテム「やわらかポリエチレンケース」。愛用者も多く、無印良品の収納アイテムのなかでも、ファイルボックスと並ぶ人気のアイテムです。

その名の通りやわらかい素材で扱いやすく、角の丸みがかったデザインも優しい印象。部屋のインテリアのテイストも損ないません。

また、水洗いできるため清潔に使えるのも嬉しいポイントです。

そんな「やわらかポリエチレンケース」は、一人暮らしの部屋でも活躍してくれる頼もしいアイテムなんです。今回は、その魅力を使用例とともにご紹介します。

■一人暮らしならではの「収納の悩み」

一人暮らしの部屋では、作り付けの収納スペースが少ないことも多く、持ち物が収まりきらずにごちゃごちゃしてしまうのが悩みの種ですよね。

クローゼットは洋服だけで容量オーバーになり、バッグや小物、メーク道具などが収まりきらずに、出しっぱなしになっているという方もいるのではないでしょうか? また、キッチン周りも収納が少なく、食材のストックなどの決まった置き場がない……というパターンも。

収納スペースがなくて部屋がごちゃごちゃしてるけど、新たに家具を置くスペースもなく悩んでいる……。そんな場合にこそ、「やわらかポリエチレンケース」がおすすめです。スペースが限られている一人暮らしの部屋では、取り入れる収納アイテムを統一して、並べたり重ねたりして使うことで、スペースを有効に使うことができますよ。

■スペースを有効活用しながら「すっきり見え」を実現しよう

「やわらかポリエチレンケース」は、横に並べるだけでなく、別売りのフタを使えば縦に重ねて置くこともできることが最大のメリット。重ねて置くことで空間の高さを活かせるため、広くない一人暮らしの部屋でも、スペースを有効に使うことができます。

収納アイテムは、フタがない方が使いやすい場合と、フタが必要な場合がありますよね。使う場面に合わせてフタの購入を選択できるのも嬉しいポイント。また、「中」以上のサイズには持ち手になる部分があるため、持ち運ぶ際にも便利です。

そして、収納アイテムは見た目も大切。使っている収納アイテムがバラバラだと、統一感がなくごちゃごちゃした印象になりがちです。収納アイテムを統一するだけでも、限られたスペースをすっきり見せるには効果的ですよ。「やわらかポリエチレンケース」なら、「大」「中」「小」「深型」「ハーフ」とサイズ展開が豊富なので、収納するもののジャンルが違ってもシリーズで統一しやすいんです。さらに、白いカラーが部屋を明るく広く見せてくれるという効果もありますね。

■使い方はアイデア次第!

アイデア次第でさまざまな使い方ができる「やわらかポリエチレンケース」(写真は右から、「大」「中」「小」)。

実際に一人暮らしの部屋で使うとすれば、「大」や「深型」にバッグなどのかさばるもの、「中」にはキッチン用品のストックを収納してみてはいかがでしょう。「小」は、クリアファイルなどと併用すれば書類の収納に活躍しますし、「ハーフ」にはメイク道具を一気に収めることもできますよ。

 

一人暮らしの部屋ではスペースの問題だけでなく、引越しの可能性も考えると、新しく家具を購入するのはためらってしまうもの。その点、「やわらかポリエチレンケース」は取り入れやすく、フレキシブルに活用できるため、住む部屋が変わっても長く使えるというメリットがあります。

ぜひ、一人暮らしの部屋で収納に困ったら、「やわらかポリエチレンケース」に目を向けてみてください。

 

文・画像/maiko

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE