CLASSY.

マナー

「端金」=「たんきん」?「目深」=「めぶか」?読み間違いに気をつけたい漢字4選

普段はそれほど意識せずに読んでいる漢字も、もしかすると読み間違えていることがあるかもしれません。

しかし、なんとなく読み流していると、そうした間違いにも気づきにくいものです。

そこで今回は、“読み間違いに気をつけたい漢字”を4つ厳選してピックアップ。あなたはいくつ正しく読めるでしょうか?

1.完遂

「完遂」には「最後までやり遂げること」「すべて遂行すること」といった意味があります。

この漢字で気を付けたいのが「遂」の読み方です。

「完遂」は「かんすい」と読みます。

よく「かんつい」と読み間違えられる漢字ですが、「遂に」など「遂」という漢字で「つい」と読むことも多いのが原因かもしれません。

2.端金

「特定の金額に達しない金銭」や「ごくわずかな金銭」のことを「端金」と言います。

「端金」の読み方ですが、特に間違えやすいのは「端」です。

ちなみに「端金」の「端」は、「端」の訓読みと同じ読みになります。漢字に詳しい人は、このヒントだけでもうピンときたかもしれませんね。

「端金」は……「はしたがね」と読みます。また、「端」の訓読みも同じく「はした」です。

「はしがね」「はがね」「たんきん」などと読み間違えないよう、気をつけましょう。

3.手職

手先を使って仕事をする職業を「手職」と言います。

たとえば和紙作りや機織り、竹細工を使った工芸品を作る竹細工職人などは「手職」であると言えるでしょう。

そんな「手職」の正しい読み方は「てしょく・てじょく」です。

「職」という漢字を使う言葉には、「出職(でしょく)」「居職(いじょく)」など、言葉によって読み方が異なるものが多いので注意しましょう。

4.目深

帽子などを目が隠れるくらいに深くかぶる様子のことを「目深」と言います。

「目深」が使われるシーンとして、一番多いのが先ほど挙げた「帽子をかぶるとき」です。そのほかでは、「傘を目深にかざす」といった言い方をすることもあります。

「目深」は「めぶか」ではなく、「まぶか」と読むのが正解です。

「目深」以外にも、「目」を「ま」と読む言葉として「目の当たり(まのあたり)」「目蓋(まぶた)」といったものがあります。併せて覚えておくといいでしょう。

 

4つの漢字のうち、あなたはいくつ読めましたか? もし読めない漢字があった場合には、ぜひ正しい読み方を覚えておくと、ふとしたときに役立つでしょう。漢字の正しい読み方を覚えておいて、損はありませんよ。

 

参考文献
大人の漢字力研究会『読めそうで読めない漢字 書けそうで書けない漢字』(光文社)

文/大内千明  画像/Shutterstock(Ollyy、vectorfusionart、Zwiebackesser、Maksim Toome、YuriyZhuravov)

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE