CLASSY.

特集

セリアの便利グッズが大活躍!冷凍室をフル活用するアイテムはコレ

一人暮らしの冷蔵庫の冷凍室。「せいぜい残ったご飯の冷凍をするくらいで、常にあるのは、アイスや氷のストックくらい。今ひとつ活用できていないな」なんて、もったいないスペースにしていませんか?

実はこの冷凍室こそ、時間のない人ほど有効活用すべきスペースなんです。例えば、簡単に下味をつけた肉や魚、カットした野菜や軽く下ゆでした野菜など、ひと手間かけた食材の冷凍ストックは、料理の手間を劇的に減らしてくれます。

また、便利な容器を使えば、さらにスッキリと使いやすく収納できちゃうんです。そんな冷凍室を有効利用することができる、おすすめの容器をご紹介します。

■薄型タッパーを使えば一目瞭然!

肉や魚などは、味噌とみりん、塩コショウ、ケチャップと醤油……といった、簡単な調味料の下味をつけて冷凍しておくのがおススメ。

一食分づつ小分けにして冷凍しておくだけで、調理するときは、野菜と合わせて炒めたり、蒸し焼きするだけでOK!

これを、手持ちの冷凍室のサイズに合った薄型のタッパーに入れます。引き出し式の冷凍室なら上からすぐに取り出せるように立て、扉開閉式なら本のように立てて並べて収めればスッキリ。

ラベルを貼っておけば、ひと目で見渡せて、出し入れもスムーズ。これなら食べ残しの心配もありませんね。

■大きさ違いのタッパーで野菜やキノコも冷凍!

大きなタッパーには、肉や魚を2、3食分。

そして、サイズ違いの小さなタッパーには、野菜やキノコを。余ってしまいがちな野菜も、冷凍して使う分だけ取り出せば無駄なく使いきれますよ。

日頃、なかなか摂りにくい野菜も、まとめてカットしておいたり、軽く茹でておいたりすれば、手軽に使えるので、自然と食卓に野菜が増えます。

■パラパラかけられる!? 便利な容器も

セリアで大人気の「冷凍ねぎポット」も、冷凍食品用として使いやすい容器なんです。

すぐにくっついてしまう小口ネギも、容器を振るだけでパラパラになって出てきてくれるこの容器。他にもパセリなど、少量使いたい細かい食材の冷凍保存に最適です。

 

気忙しい年末が近づき、仕事も立て込んで残業も増えてくるシーズン。疲れて帰宅した後の夕飯作りも、”すぐに使える何かがある冷凍室”という安心感があれば、グッとハードルが下がります。

週末に平日の夕飯をまとめて下ごしらえすることも、冷凍室と便利な容器を使えば、意外に手間なく気軽にできますよ。ぜひ挑戦してみてくださいね!

 

文・画像/sumiko

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE