CLASSY.

恋愛

「お願いだからやめて!」彼氏が彼女にやってほしくないこと5つ

愛らしい、か弱い、守ってあげたい……と、女性に対して繊細なイメージを抱く男性は未だに多いもの。そんなイメージから将来を想像し「こんなコが奥さんだったら幸せだろうな」と理想を描くようになります。そんな中、男性たちの理想を壊すような行動をしてしまっている女性もいるようで……。

今回は、全国27~36歳の男性30名を対象に“彼女にはやってほしくないこと”を調査。その中でも、破局に繋がりかねない行動をご紹介。いまの彼とゴールインしたいなら、こんな行動には気を付けて!

(1)ほかのカップルと比べないで!

「Instagramが流行りだしてから、彼女が周りのカップルの投稿を見て、『〇〇ちゃんの彼は記念日に花束を贈っくれるんだって。いいな~』といちいち比べてきます。だったら、違う男と付き合えば?と思ってしまう」(31歳・法律事務所勤務)

あなたは、彼のいいところに注目してあげていますか? 彼からの愛情を他のカップルと比べて羨むようになれば、彼との関係も悪化し、男性のプライドもズタズタです。知らず知らずのうちに彼を傷つけていきなり別れを告げられた、なんてことのないように気をつけたいものですね。

(2)もうムキムキに鍛えないで!

「ジムに通い出してから、お腹や二の腕の筋肉までどんどん固くなっていく彼女……。頼むからシックスパックだけはやめて!」(35歳・メーカー勤務)

最近では、ワークアウトが注目されようになり、筋肉女子も増えてきています。ですが、男性からすると、自分よりも鍛えてほしくないというのが本音のよう。一般的に男性は、ある程度柔らかみのある体に愛おしさを感じる傾向があります。彼が触れたくなるような愛されボディを目指してみるのも良いのでは!?

(3)過度なダイエットはしないで!

「彼女がダイエットにハマりだしてから、喧嘩が増えました。デート中もスープしか飲まないからこっちが気を遣うし、体重が減らないとイライラが増して八つ当たりをされるし、もう最悪」(29歳・公務員)

ダイエット中は、どうしてもイライラしやすくなりますよね。彼のためにきれいになりたいとダイエットに取り組んでも、彼との関係がうまくいかなくなっては元も子もありません。彼女にはモデル体型よりも、心の癒しを求める男性がいることも忘れずに。

(4)中途半端な掃除はやめて!

「家にくると『やっておくね♡』と言って、洗い物や掃除をしてくれるけれど、どれも中途半端で……。いじられたくないインテリア類も若干動かされて、結局オレがやり直す。やるなら徹底してやって!」(30歳・IT関連会社)

好意と思ってやっているつもりでも、意外と掃除にこだわりのある男性は多く、批判的な意見も。あれこれ手をつけるよりもどれか一つ「これだけは任せて!」という得意分野の家事があれば、それを徹底してやってあげるほうが彼も喜びますよ。

(5)あんまりオヤジ化しないで!

「付き合った当時よりも、半年後、一年後と、恥じらうことなくくしゃみの音が大きくなってるし、一緒にいてもずっとスッピンで……。慣れはいいけど、油断はしないで!」(33歳・飲食経営)

付き合い始めた当初は女性らしさを意識していても、一緒に過ごす月日が長くなるごとに“素”が目立つようになるのは、どのカップルにもあること。でも、女性にはいつまでも恥じらいをもっていてほしいというのが男性の大本音。実際、彼女から妻になっても恥じらいを忘れない女性ほど、いつまでもパートナーに愛され続けているようです。

 

こうして振り返ると、彼のためにやっていることが実際にはありがた迷惑だったり、良好な関係を保つための初心を忘れてしまったりするなど、ちょっとした意識のズレが目立ちます。彼の立場になって気にかければ分かることも多いもの。ずっと愛され彼女でいられるよう、日頃の行動や言動を見直してみましょうね!

 

文/岸川菜月 画像/Shutterstock(Syda Productions、VGstockstudio、Evgeny Bakharev、Prostock-studio、Photographee.eu)

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE