CLASSY.

恋愛

「スルー決定!」既読すらつけたくないアラサー女からのLINE3つ

なにげなく開いたLINEに、げんなりする内容が書かれていると「正直、既読すらつけたくない!」と思ってしまうもの。男性のもとにアラサー女子から届くLINEにも、そんなケースがあるみたいです。

そこで今回は、男性たちが「これは既読すらつけたくなかった!」と感じたアラサー女性からのLINEをご紹介します。

1.今カレの愚痴

「親しい女友達が“相談”と言いながら、今付き合っている男性の愚痴をよく送ってきます。“男心を知りたくて”という理由らしいですが、正直、僕はその彼氏のことを知らないし……。正直、男心って言われても人それぞれだし、軽はずみなことも言いにくいしで、困っています。最近では、その子からLINEが届くと、“また愚痴だったらどうしよう”と思って、一瞬ひるみます。既読をつければ返事をしなくちゃいけないし、本当は開きたくない」(32歳男性・エンジニア)

男性心理は男性に聞くのが早い!とは言われるけれど、見ず知らずの男性の心理を知りたいと言われても、困惑するのは無理がないですよね。たまにLINEがくるのなら問題はなくても、しょっちゅう悩みを相談されたら、スルーされてしまうのも仕方ないかも……。

2.恋愛観、結婚観などのヘビーな話

「飲み会で知り合った女の子で、マメにLINEをくれる子がいるんですが、いつもちょっと重い内容なんです。たとえば、恋愛観とか結婚観とか、哲学的な話をしたがるっていうか……。気軽に返信できないような真面目な口調で。知り合い程度の間柄なのに、LINEで話すような話題でもないと思うから、いつも返事に困ります。スルーしたいなと思いつつ、勇気がなくてできてませんけど」(33歳男性・商社)

アラサーになると、恋愛や結婚にも真面目に向き合いたくなる人が多いもの。生真面目な女性ほど、恋愛観や結婚観などを見つめ直したいタイミングでもありますが、浅い関係性の相手にヘビーな話題をふっても、困惑される以上の反応は望めなさそうです。

3.過度なペット自慢

「ひとり暮らしでペットを飼っている子で、ペット自慢を一方的に送ってくる女子には引いてしまいます。この前なんて、リスを飼っている子からリス自慢をされて、なんて返せばいいかわからず、しばらく考え込んでしまいました(笑)。その前には、フェレット自慢をされたこともあって……。いったい僕にどんな返事を求めているんですかね!? 返信すら面倒で、本気でスルーしたくなります」(31歳男性・システム開発)

ペットと暮らす女性にとっては、犬も猫も小動物も、大事な家族の一員ではあるけれど、いきなり自慢話を送られても、温度差のある男性にしてみれば「何をどう返事すればいいのか」困ってしまうだけのようです。

 

せっかく送ったLINEなのに、「これはスルーしたい!」なんて思われてしまうのは、残念すぎますよね。面と向かってスルーをしてくる男性は少数派でもあるだけに、相手の立場を考えて、楽しい話題を送り合いましょう!

 

文/並木まき 画像/Shutterstock(UfaBizPhoto、Kostenko Maxim、FlyingFifeStudio)

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE