CLASSY.

特集

100均グッズで簡単♡“モテる”キッチン収納のコツ3つ

「彼に手料理を披露して胃袋をがっちり掴みたい!」と思って料理の練習をしている女子は多いと思いますが、実は見逃しがちなのがキッチンの収納。うっかり彼がお箸でも出そうとしてキッチンの引き出しを開けたら、ゴチャゴチャな収納にドン引き……という悲しいパターンもありますよね。

料理の腕をあげるだけではなく、キッチン周りもしっかり整えて「この子と結婚したい!」と思ってもらえるような、モテるキッチン収納のコツを整理収納のプロの目線でご紹介します。

■キッチンのよくある「おブス収納」のパターン

まず、キッチンでよくある「おブス収納」のパターンをご紹介します。

・キッチンツールがカトラリーと混ざって出しづらい
・見た目も統一感がなくてごちゃごちゃ
・コンビニなどでもらった割り箸やストローがとりあえず入れてある

こちらは、本来使い道や使うタイミングが違うにもかかわらず、とりあえず似たような形だからと一緒に突っ込んでしまっているのが原因。

中身をしっかり仕分けて、よく使うものを使いやすく収納してあげることが重要です。

■コツ1:キッチンツールはよく使うものだけを立てて収納

まず、キッチンツールは「作る道具」、カトラリーは「食べる道具」なので、本来使うタイミングは違うもの。引き出しなどに、一緒に入れている人が多いですが、実際は分けたほうが機能的です。また、キッチンツールは結構かさばるものが多いため、よく使うものとそうでないものを分けて、よく使うものだけを出しやすい場所に収納するのがポイント。

例えば、コンロ横のツールスタンドに立てて収納すれば、調理しながらワンアクションでさっと取り出せるので便利ですよ。あまり使わないキッチンツールは、キッチン収納の高いところなど、普段使わない場所に分けて収納しておけばOKです。

■コツその2:使い捨ての割り箸、ストロー類はジッパー付きバッグにまとめる

キッチンツール同様に、コンビニでもらってきた割り箸などをついポイポイとカトラリーと一緒に入れてしまう人も多いですが、これがあるだけで一気にゴチャつき度がアップします。大勢の来客があった時などの臨時のカトラリーとしては便利ですが、普段から使うものではないので、100均でよく売っている可愛いジッパー付きバッグなどにまとめて、キッチンの戸棚などに入れておくのがオススメです。

また、買い物をするたびにもらってしまうとどんどん量が増えてしまうので、ある程度保管しておく数を決めて、それ以上は持たないように、買い物時に断るようにすることも大事ですよ。

■コツその3:カトラリーは種類を揃えて、持ちすぎないようにする

そして、より上級者っぽくオシャレな収納に見せるだめには、カトラリーの種類も揃えるのがオススメ。最近は100均などでもオシャレなカトラリーを見かけることが多く、つい可愛いからとその都度買ってしまって気がつけば種類がバラバラ……ということもよくあると思います。

しかし、種類が揃っていると、それだけでキッチン収納が片づいて見えます。揃えるときは、できるだけシンプルなデザインのものに統一して、さらに量も必要以上に持ちすぎないことが大事です。

 

いかがでしたか? 料理の腕以上に収納が整っていると、「この子はちゃんとしてるな」と思ってもらえて、ポイントアップに繋がるものです。自分のキッチンがおブス収納かも……と思った方は、ぜひ一度見直してみてくださいね!

 

文・画像/Akiko

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE