CLASSY.

マナー

まるで高級ホテル♡“ホテル風”なタオルの畳み方&収納術

彼が自分の家に泊まりに来たとき、もし家の中の収納がグチャグチャの「おブス収納」だったら、「この子とはちょっと結婚できないかも……」と思われてしまいますよね。ファッションやメークがどんなにオシャレでも、部屋が汚かったら男性は一気に幻滅してしまうもの。

今回は、お泊りのときに見られがちな「タオル収納」の収納術をテーマに、できる女と思わせる収納テクニックを整理収納のプロの目線で指南します。

■「おブス」に見えるタオル収納のポイント

まず始めに、タオル収納でよくあるおブスポイントをご紹介します。

・デザインや色、サイズがバラバラ
・畳み方がぐちゃぐちゃ
・積み重ね過ぎで出しづらい

こんなタオル収納だと、ちょっと彼や他の人に見せるのが恥ずかしいですよね。
そこで、見られてもOKなタオル収納のコツを3つご紹介します。

■コツその1. 色・柄を揃える

お店で可愛いタオルを見つけると、手持ちのものとのバランスを考えずについすぐに買ってしまったりしませんか? そうすると、収納した時に見た目がゴチャついておブス収納になりがちです。そのため、タオルは色・柄を揃えて買うようにするのがオススメ。

柄は無地のもので、色もホワイトやグレーなど落ち着いて見えるカラーで揃えるとそれだけでタオル収納がランクアップして見えます。いただきものなどでテイストの違うタオルをもらってしまった場合には、「2軍タオル」として別の場所に収納するとまとまりが出ますよ。

■コツその2. 畳み方を揃える

タオル収納をキレイに見せるためには、畳み方も大事なポイント。冒頭の写真のようにペタンコにして畳んだほうがコンパクトにたくさん収納はできるのですが、その分所有量がわかりづらくなって買いすぎる原因になったり、取り出す時に上下のタオルを巻き込んでぐちゃっとなりやすいもの。そのため、ホテルっぽく厚みが出る畳み方がオススメです。

畳み方の手順は3ステップ。

(1)縦に2つ折りする

(2)更に縦に3つ折りする

(3)横に2つ折りする

バスタオルもフェイスタオルも同じ畳み方でOK。最初はちょっと手間取るかもしれませんが、慣れたら簡単にできるようになるので試してみてくださいね。

■コツその3. 収め方を工夫する

タオルを縦に積み重ねて収納する時に注意したいのは、「無理して重ねすぎない」ということです。バスタオルは面が広いので重ねてもそれなりに安定感がありますが、フェイスタオルは結構ぐちゃっと倒れがち。そのため、収納用品もうまく使って上手に収めることが重要です。こんな風にバスケットやボックスに収納するとキレイに収めることができます。そして、取り出すときは手前から、しまうときは奥からしまうとうまくローテーションできますよ。ご自宅の収納場所に合わせて、布製ボックスやラタンのバスケットなど、使いやすい収納用品を選んでみて下さいね。

 

タオル収納が整っていると、彼からも好印象に見えるだけでなく、毎日出し入れするときにもテンションが上がります。自分の家のタオル収納が「おブス収納」になってしまってるかも、と思う人は、一度見直してみてはどうでしょうか。

 

文/Akiko

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE