CLASSY.

恋愛

「好きな人はできないけど、結婚したい」恵比寿勤務29歳女子の勘違いって……?

学生時代からずっと一緒だと思っていた女友達たちが一気に結婚し始めて、「あれ、結婚してないのって私だけ……?」と焦りを感じているアラサー女性もいるのでは。

今回は、周りの結婚ラッシュに焦りを感じ始めてきたのに恋ができないという方の悩みに、恋愛マスターのくじらがお答えします。

■好きな人はできないけれど、結婚したいし、子供が欲しい!

恵比寿のアパレルブランドに勤める29歳の女性です。

現在彼氏はいません。周りの友人たちから結婚報告を受け、一気に結婚に対する焦りを感じ始めてきました。なんとなく結婚できるだろうと思っていた元カレに2年前にフラれ、その反動もあり、彼氏がいない間は仕事一筋で生きてきました。やっと仕事も落ち着き、同性の遊び友達も少なくなってきて、そろそろ新しい恋をしたいと思っているのですが、男の人を好きになることができなくなっている自分に気がつきました。最近は彼氏が欲しいというよりも、結婚したいし子供が欲しいのです!

■「結婚=幸せ」という思い込みは今すぐ捨てろ!

焦りなんか感じてどうするのだ。結婚=幸せという思い込みをとっとと捨てろ。あなたが気にしているのはカタチばっかりだ。「結婚して子供が出来たら私は幸せになれるはず」そんなわけないだろ。順番が全く違う。まず好きな人がいて、この人とずっと一緒にいたい、じゃあ結婚という制度を利用しようか。この人の子供が欲しい、じゃあ子供を作ろうか、となって結果的に出来たカタチが幸せなのだ。好きな人もいないのに先にカタチだけ意識して、結婚したい子供が欲しいなんて考えること自体がおかしい。

■条件だけで男を見ていないか?

カタチを先に求めると条件だけで人を見るようになる。ハイスペックな男ばかりを追い求めるようになる。それでは好きな人なんか見つからない。人間の本質が見えなくなるように自分で自分に目隠しをしているようなもんだ。結婚は点ではなく線なのだ。結婚してからの生活の方が圧倒的に長いのだ。条件だけで結婚生活など維持できるわけがない。どんなに条件が良くても、好きでもない人との結婚生活なんて地獄だぞ。結婚というカタチを先に求めているあなたは愛を全否定している自分に早く気づくのだ。結婚生活に必ず必要なのはお金でも子供でもなく、まず愛だ。綺麗事でも何でもなく愛は偉大なのだ。

■自分が「この人を好き」と思う気持ち

「好きな人もいないのに結婚や子供を先に求める」これは愛を全否定している行為だ。華やかな結婚式、何不自由ない結婚生活。これが実現したら即幸せと思い込んでいる人が多い。これはあくまで周りから見た理想の結婚像というだけだ。いくら条件が揃ったところで他人の価値観で幸せになどなれるわけがない。一番大切であり、最優先しなければいけないのは、自分がこの人のことを好きだ、もっと一緒にいたいという気持ちなのだ。この気持ちをそっちのけにして幸せなど訪れない。相手の条件を見る前に自問自答するのだ。「ここに愛はあるのか」と。即答出来る人にだけ幸せは訪れる。

オレはそう思っちゃうんだよね。

 

文/くじら
小手先の恋愛テクニックがもてはやされる現代で、圧倒的な熱量で恋愛を語る恋愛マスター。アメーバ公式ブログは月間70万PV。
恋愛マスターくじらのオフィシャルブログ~君はモテないんじゃない、フラれてないだけだ~
くじらの恋愛相談LINE@
くじらのメルマガ
くじら (@Quddila) | Twitter

画像/Shutterstock(polymanu、Antonio Guillem、Shamilini、ThiagoSantos、Ivanko80)

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE