CLASSY.

恋愛

「俺のコト好き……?」モテ女がやってる相手に脈ありと思わせるLINEの特徴

片思いの相手に、LINEでさりげなく好意をアピールしたい。その方法に悩んではいませんか。

そこで、“相手に脈ありと思わせるLINEの特徴”をご紹介します。「もしかして俺のこと……?」と、彼をドキドキさせちゃいましょう。

■返信が速い

既読スルーや未読スルーをせず、すぐにLINEの返信をしてくる相手に対して「好意をもたれているのかも」と感じる人は少なくないようです。“返信のスピード=相手への関心の高さ”ととらえる人は意外と多いのかもしれません。

相手からのメッセージに気付いた時は放置せず、すぐに返信すると好意が伝わる可能性は高まります。

また、返信が速いと頻繁にメッセージのやりとりをすることができ、相手の心に“よくLINEをする人”として印象づけられるでしょう。

■自分からもLINEを送る

LINEが途中で途切れてしまったとき、自分から送るばかりでなく相手からもLINEが送られると、「もしかして俺のこと……?」と思わせることができそうです。

自分からLINEを送るのは、相手に“あなたともっとLINEがしたい”という気持ちをそれとなく伝えることになります。いつもLINEをしていて話題が途切れたときに、相手が送ってくるまで待っているという人は、たまには自分から送ってみるといいかもしれません。

逆に、毎回自分から送ってばかりという方は、相手からLINEが来るのを待つように心がけてみるといいでしょう。「いつも送ってくるのになぜか来ない……」と、あなたのことを気にする時間が増えるかもしれませんよ。

■ハートの絵文字やスタンプを使う

相手へのお礼や嬉しいことがあったときの報告LINEなどにあえてハートを使うと、さりげなく行為をアピールできるかも。

ただ、あまりにも多用しすぎると「普段からハートを使う人なんだな」と思われてしまうかもしれません。“ここぞ”というときに使うことで、相手への好意を伝えられるでしょう。

■プライベートな相談をする

「〇〇さんにしか聞いてもらいたくないんだけど……」と、相手に悩みを相談をするのもアリ。こんなLINEをもらったら、必要とされ、頼られることに嬉しさを感じ「この子の力になりたい」と感じるでしょう。

また、相談ごとという名のふたりだけの“秘密”も共有できます。相談はお互いの信頼を高め、恋愛関係に発展させるのに効果的です。

 

“あなたのことが好きです”と直接文字にして伝えなくても、さりげなく好意をアピールする方法はたくさんあります。相手のペースを尊重しつつ、自分の想いも少しずつ伝えていけるといいですね。

 

文/大内千明 画像/Shutterstock(George Rudy、Antonio Guillem,、Don Pablo、Anna Om、F8 studio)

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE