CLASSY.

特集

旅行に持っていきたいのは軽くて丈夫な優秀キャリーバッグ

旅をする機会が増えてくるこれからの季節に、欠かせないのがキャリーバッグ。収納力はもちろん、見た目や軽さにもこだわって選びたいですよね。さらに行き先や滞在日数によってサイズやハンドル、素材なども吟味すれば、スムーズで快適な旅が実現します。

  • 高級感のある見た目が大人の旅にぴったり

    型押し加工が施され、リッチな雰囲気を纏ったキャリー。中には6つに分けられる取り外し可能な仕切りがついていて、シューズバッグとしても使用できます。

    “ジェットセット・トラベル”シュー・トロリー」キャリーケース[H56×W35×D27㎝]¥157,000(マイケル マイケル・コース/マイケル・コース ジャパン)

  • 鮮やかなカラーとちょうどいいサイズ感が魅力

    機内持ち込みサイズで、360度回転するキャスターとTSAロック付き。ボディのプリーツパターンとディテールのレザーでコンパクトながら存在感のある仕上がりに。キャリーケース[H55×W40×D20・24㎝〈サイズ変更時〉]各¥58,000(ロンシャン/ロンシャン・ジャパン)

  • 縦にも横にも開くから荷物の出し入れが楽ちん

    左右上下、4方向より開くことができて便利。さらに、独自開発のホイールで、移動時の音が静かで滑らかなのも嬉しい。ジッパー式の軽量タイプです。「360s」キャリーケース[H54×W36×D25㎝]¥56,000(プロテカ/エース)

  • 驚くほどの軽さときれいなカラーが特長

    世界のセレブも愛用するドイツのスーツケースブランド。1.9㎏という軽さにくわえ、丈夫で取り回しがしやすい。ニュアンスのあるライトトーンも目を引きます。「SALSA AIR」キャリーケース[H55×W40×D20㎝]各色¥50,000(リモワ/リモワ サービス)

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE