CLASSY.

特集

田中彩子さんの今どき“パリっぽいデニムスタイル”BEST3

関西を代表する読者、田中彩子さんがこの1月にパリに滞在してきました。本場のエッセンスをたっぷりに吸収したデニムスタイルはさらにパワーアップ! ゛パリっぽい”がプラスされることで、定番の組合せが格段に今っぽく見えるんです。

1.デニム×トレンチ

今年らしい鮮やかなピンクのレーストップスが映えるコーディネートは、田中さんお気に入りのRE/DONEのデニムに、滞在中に購入したというロング丈のクラシカルなトレンチを合わせたもの。デニムにグッとレディライクな上品さをプラスしたスタイリングは、今どきの気分にぴったりです。

Deim:RE/DONE, Coat:Walk Of Shame, Blouse:Drawer

Bag:AYAKO, Shoes:PIERRE HARDY

 

2.デニム×ボーダー

カジュアルなデニム×ボーダーは、ここ数年の流行と違って女らしく着こなすのが今どきの気分。パリの街並みによく見られるグリーンとネイビーの色合わせで大人っぽさを意識しつつ、引き締め役の黒のヒールを合わせると、コーディネートを上手に格上げすることができます。

Denim:MADISON BLUE, Coat:Drawer, Tops:Drawer, Pumps:Gianvito Rossi, Bag:FENDI

3.デニム×白シャツ

もっと暖かくなったらチャレンジしたい白シャツとデニムは、あえてコーディネートに色数を増やさず、真っ赤のパンプスとリップを効かせるのが圧倒的にオシャレ! キャスケットと併せて、定番の組合せがたちまち垢抜けます。

Denim:RE/DONE, Hat : KIJIMA TAKAYUKI, Shirt : Scye, Pumps : Manolo Blahnik, Bag : AYAKO

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE