CLASSY.

骨格診断

「骨格診断で選ぶ、いちばん似合う服 」CLASSY.8月号での結論!【骨格診断アナリストが診断】

CLASSY.2016年の5月号の『似合うシャツは〝骨格〟で決まる』企画を皮切りに、抜群の人気を誇る〝骨格診断〟メソッドを基にした、スタイリング紹介ページ。本誌でも毎月のように〝骨格別のスタイリング〟を提案する企画が組まれています。

「CLASSY.ONLINE」では特別編として、骨格診断アナリストである本誌ライターの棚田トモコが本誌のスタイリングをすべてチェック!!その中から各骨格に似合うコーディネート、ベスト5をご紹介します。 これを読めば、〝骨格に似合う〟はもちろんのこと、トレンドもCLASSY.らしさも兼ね備えた、コーディネートを知ることができちゃいます!

第4回目は、CLASSY.8月号を通して見た、総まとめ編の結論を紹介します。

まずは3つの骨格の特徴をおさらい!

  • ストレート体型はこんな人!

    ☑筋肉のつき方に特徴が出やすい
    ☑リッチで肉感的なメリハリボディ
    ☑身体に厚みがある
    ☑膝下はスッと細い
    ☑どちらかというと上半身に脂肪がつきやすい
    ☑肌はハリのある質感
    ☑どんなに痩せていてもガリガリに見えない
    ☑健康的で存在感がある
    ☑ウエストが出にくく、寸胴

  • ナチュラル体型はこんな人!

    ☑関節の大きさに特徴が出やすい
    ☑骨格フレームを感じるスタイリッシュボディ
    ☑関節や骨格がしっかりとしている
    ☑肉感をあまり感じさせない
    ☑肌の質感はドライな印象
    ☑マニッシュで中性的な雰囲気で少年体型っぽい
    ☑くるぶしや膝などがしっかりとしていて大きい
    ☑手や脚も大きい傾向
    ☑可愛いものよりもかっこいい雰囲気のもののほうがしっくり

  • ウェーブ体型はこんな人!

    ☑脂肪のつき方に特徴が出やすくい
    ☑華奢でなだらかなカーヴィーボディ
    ☑身体に厚みがなく、薄い
    ☑上半身には脂肪がつきにくいので、一見細く見える
    ☑実は下半身にボリュームがある
    ☑また肌が流れるように柔らかい
    ☑二の腕が細い人が多い
    ☑首が長く、水が溜まるような鎖骨が特徴
    ☑脚が短め

CLASSY.8月号から選んだ、各骨格に一番似合うベストコーデはこれ!

  • ストレート体型に似合うコーデ第1位
    ややゆったりのリブワンピ

    Iラインシルエットと首元のVあきでスタイルアップ
    凹凸のある身体が特徴のストレート体型が一番似合うシルエットがIラインシルエット。しっかりとした生地のほうがベターですが、苦手なリブ素材でも身体のラインを拾いすぎないゆとりがあればストライクゾーン。

    「CLASSY.」2019年8月号P.53掲載

  • ナチュラル体型に似合うコーデ第1位
    デニムGジャン×リブロングワンピ

    大きめGジャンのレイヤードがナチュラル体型にハマる
    ナチュラル体型のしっかりとした身体のフレームだからこそ似合うのが、大きめサイズのアイテムを組み合わせた着こなし。身体からたっぷり泳ぐワンピにGジャン、そしてボリュームのあるスニーカーがベストマッチ。

    「CLASSY.」2019年8月号P.76掲載

  • ウェーブ体型に似合うコーデ第1位
    ネイビートップス×白フレアスカート

    Xラインを意識したコーディネートでスタイルUP!
    ウェーブ体型は、上半身が華奢で下半身にボリュームが。フレアスカートをコーデに投入することで、Xラインがつくれ、下半身のボリュームがカモフラされます。身体にフィットするトップスでくびれを強調させて。

    「CLASSY.」2019年8月号P.52掲載

     

以上を踏まえての、骨格診断アナリスト棚田の結論!

CLASSY.8月号で体型にばっちり合うものがたくさんあって選びきれないほどだったのが、ナチュラル体型に似合うもの。スポーツテイストやロング丈のトップスとボトムスのレイヤードスタイルなど、ナチュラルの「少年体型」だからこそハマるコーディネートが豊富でした。また、ウェーブ体型に似合うとされるワンピースブームもあって、ウェーブに似合うものもそこそこありました。ただ、足元は今季らしい抜け感を出すために、ボリュームのあるデザインや、ナチュラルな雰囲気を後押しする靴やサンダルが多め。これが最旬のコーディネートではありますが、ウェーブ体型の華奢な印象の身体に合わせるとちょっとアンバランス。足元は出来るだけ華奢で可愛らしいものをセレクトして。そして、一番難しかったのはストレートに似合うコーディネート。どんぴしゃで似合うものがなかったのが正直なところです。とはいえ、骨格診断のメソッドをしっかりとあてはめてしまうと、それはそれで時代遅れなコーディネートになってしまうのも事実。CLASSY.女子は、トレンドはそれなりに取り入れていくのがベターです。ストレート体型はカジュアルなコーデ自体は不得意ではありませんが、かっちりとしたもの、きちんとしたものが最もハマるため、トレンドであるPVCバッグやこの季節ならではのかごバッグなどを合わせるときは、どこかにストレート体型の良さを後押しするきちんと感、例えばPVCバッグなら四角いものをセレクトする、かごバッグを持つならきれいめなものに合わせるなど工夫が必要です。ということで、骨格診断を参考にしながら、お洒落を思う存分楽しみましょう!!

解説・執筆したのは…

棚田トモコ
ライター・骨格アナリスト

光文社「CLASSY.」や「JJ」を中心にファッションや美容ページ企画などのライターとして活躍する傍ら、骨格診断ファションアナリスト協会認定校(ICB INTERNATIONAL)にて骨格診断のディプロマを取得。以降〝骨格アナリスト〟としても活動中。ファッション・美容ライターとして培った知識と骨格診断を融合して、いかに今っぽくその人を輝かせるかを提案します。韓国と舞台観劇、チョコレートが大好きで、愛称は〝ティナ〟。

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE