CLASSY.

着回しDiary

これがお手本!“少年”にならない大人のキャップスタイル【今日のコーデ|着回しDiary】


8/12
MONDAY
今日も緊迫の張り込みは続く。
青島刑事から優しい応援TELキタ!
仕事用の携帯はバレたらまずいよ~

パンツ刑事【ITEM : A+c】
休憩中にこそこそ彼(青島刑事)と話すドキドキ感。こういうの、実はキライじゃない♥
キャップ¥7,900(CA4LA/CA4LA ショールーム)サングラス¥62,000(DITA/DITA青山本店)バッグ¥156,000(ザンケッティ/ハウント代官山/ゲストリスト)パンプス¥21,000(ツル バイ マリコ オイカワ)ピアス¥23,000(モダン ウィーヴィング/デミルクス ビームス 新宿)

“パンツ刑事„美絵子の
コーディネートアイテムをチェック!

  • 【A】チェックパンツ
    ハイウエストでタック入りの旬ディテールが魅力。カッコいい雰囲気で着たい。チェックパンツ¥29,000(トラディショナル ウェザーウェア/トラディショナル ウェザーウェア 青山ウィメンズ店)

  • 【c】白Tシャツ
    ヘビロテ率No.1の白Tは、カジュアルにもキレイめにも使えるリブで大人の表情に。リブTシャツ¥8,100(エイトン/エイトン青山)

この物語のW主人公は...

パンツ刑事&スカート刑事

“パンツ刑事„こと石井美絵子警部補
幼い頃誘拐未遂事件に遭い、その際助けられた女性警官に憧れ、警視庁入りした人一倍熱い29歳。まじめな仕事ぶりから対策本部のリーダーを任され、働き女子まっしぐら。いつでも動きやすく走れるカッコいいパンツスタイルが中心。恋より仕事が優先だが、実は先輩の青島刑事と1年ほど前から内緒の職場恋愛中。

“スカート刑事„こと愛甲千笑美巡査部長
天下りの父のコネで入庁したお嬢様刑事27歳。捜査員に見えないふんわりした見た目と人当たりのよさを買われ、チームに抜擢。いつでも女らしさを忘れないスカートがトレードマーク。私服捜査で刑事とバレないそのオシャレさと、天性のモテオーラを武器に活躍。捜査に忙しくて合コンやデートに行けないことが悩みの恋活女子。

撮影/藤原 宏(Pygmy Company)〈人物〉、清藤直樹〈静物〉 モデル/石井美絵子、愛甲千笑美、幸太 ヘアメーク/YUMBOU(ilumini) スタイリング/濱口沙世子〈女性分〉、中西ナオ〈男性分〉デザイン/亀卦川陽子 取材/濱口眞夕子 編集/月田彩子

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE