CLASSY.

特集

【量産型にならない!】アラサーのための、「ちゃんとオシャレな」お呼ばれ服

■シンプルワンピは黒より レッド、オレンジ、イエローの暖色系   

シンプルなノースリーブワンピは幸せ感のある暖色系カラーが人気急上昇! 会場が華やかになって写真映えはもちろん、注目も集められます。アラサーはきちんと見える膝下丈を選んで。

  • 鮮やかなレッドときれいなラインで
    会場の注目を一挙にさらって

    伸縮性のあるニット素材で体のラインを美しく見せてくれるイタリア生まれのラグジュアリーなワンピース。小さめバッグとシンプルなパンプスを黒でまとめることで引き算をしてワンピースの存在感を際立たせて。タイトなハーフアップに大きめの揺れるピアスで顔周りも華やかに仕上げましょう。ワンピース¥160,000(ANTONINO VALENTI/essence of ANAYI)バッグ¥27,500(アビステ)パンプス¥18,000(オデット エ オディール/オデット エ オディール 新宿店)イヤリング¥22,900(セシル・エ・ジャンヌ)バングル¥14,900(ガス ビジュー/ガス ビジュー 青山)

  • ベーシックなサックワンピースは
    新鮮なオレンジで流行感を更新

    ストンと着られて可愛らしい王道シルエットのワンピースこそ、カラーリングで個性を出すのがおすすめです。今シーズンはこんなハッとするほど鮮やかなオレンジで会場を盛り上げてみるのはいかが? 強めの色合いのワンピースになじむ白のミニバッグやシャイニーサンダルを合わせつつ、顔周りはボリューミーなピアスで思いっきり今っぽく印象づけましょう。ワンピース¥26,000(ルーニィ)バッグ¥47,000(ロンシャン/ロンシャン・ジャパン)サンダル¥8,788(マミアン/マミアン カスタマーサポート)ピアス¥18,500ブレスレット¥12,500(ともにアビステ)

  • いい女っぽいタイトワンピースは
    後ろ姿で可愛らしさもアピール

    カラー初心者さんにも取り入れやすいのが優しいイエローのワンピース。さりげなくウエストがシェイプされて美シルエットで着られるストレートラインのワンピースです。さらに後ろ姿にリボンがあしらわれているので全方位に可愛らしいのがポイント。パールがハンドルになったガーリーなバッグを合わせてフォーマルな印象を高めましょう。ワンピース¥48,000(essence of ANAYI)バッグ¥16,000(ダイアグラム/ダイアグラム 表参道ヒルズ店)サンダル¥42,000(ロランス/ザ・グランドインク)イヤリング¥14,000(ビジューラウンジ/ビジューラウンジ 新宿髙島屋店)

■デイリーにも着回せるセットアップ

  • 【右】ワンピースだと甘すぎる印象のピンクもセットアップならスタイリッシュに着られます。トップスのティアードデザインが華やかでお呼ばれにふさわしい印象。バッグを斜めがけして少しカジュアル度を高めればさらにこなれた雰囲気になれます。トップス¥36,000パンツ¥37,000[ともに6月上旬発売予定] (ともにYOKO CHAN)バッグ¥78,000(J&M デヴィッドソン/J&M デヴィッドソン 青山店)サンダル¥13,500(ダイアナ/ダイアナ 銀座本店)イヤリング¥21,500(イリア アシミネ/シック)

    【左】カゴバッグやペタンコサンダルなど、カジュアル度の高い小物で印象をがらりとチェンジさせれば、普段着としても重宝します。デザイン性の高いトップスだから簡単にコーデがサマになるのが嬉しい。トップス¥36,000[6月 上旬発売予定](YOKO CHAN)パンツ¥23,000(ジョーズ・ジーンズ/エドウイン・カスタマーサービス)バッグ¥18,500(ダイアナ/ダイアナ 銀座本店)サンダル¥21,000(マリエッタズ ファンタジー/フラッパーズ)ピアス¥6,750(アビステ)ブレスレット¥18,700(ガス ビジュー/ガス ビジュー 青山)

  • 【右】トップスはAラインでスカートはほっそりタイトなラインになっているので、自然なメリハリが生まれスタイルアップ効果が高いんです。レースがリーフ柄なので甘すぎないところもアラサーにふさわしいデザイン。バングルやシャイニーサンダルで、モード感を加えるのもおすすめです。トップス¥17,000スカート¥17,000(ともにCELFORD)バッグ¥12,000(LAGUNAMOON)サンダル¥8,325(マミアン/マミアン カスタマーサポート)イヤリング¥10,000(アンテプリマ/アンテプリマ 銀座三越店)バングル¥39,000(セシル・エ・ジャンヌ)

    【左】きちんと見える膝下丈ですが裏地がやや短めに仕立てられているので、ほどよい抜け感が生まれて通勤スタイルが洗練されて見えます。シンプルになりすぎないよう柄スカーフでアクセントを加えて。スカート¥17,000(CELFORD)ブラウス¥7,315(ユナイテッド カラーズ オブ ベネトン/ベネトン ジャパン カスタマーサービス)バッグ¥29,000(ポティオール/ショールーム セッション)スカーフ¥11,000(マニプリ/フラッパーズ)パンプス¥42,000(ロランス/ザ・グランドインク)イヤリング¥6,000(アビステ)時計¥7,800(コモノ/コモノ東京)

撮影/東 京祐〈人物〉、清藤直樹〈静物〉 モデル/愛甲千笑美、松山亜那、岩﨑名美 ヘアメーク/YUMBOU(ilumini.) スタイリング/児嶋里美 取材/佐藤かな子

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE