CLASSY.

特集

スニーカー名人の真似したい「コンバース」コーデ9選

ヒールより背が高く見えるわけでも、バランスアップするわけでもないのに、オシャレ読者・田中彩子さんの「コンバース」コーデにみんな憧れるのはなぜ? デニムにスカート、ワンピースだって…コンバースだからこそ可愛いんです。今すぐ真似したいコンバースコーデ9選をご紹介!

【キレイ色】

  • ピンク多用の「パー子」コーデ(笑)もくすみピンクでまとめて洒落感を
    身に着けるだけで女らしく見えるはずなのに、たくさん入れると幼すぎるか「パー子」になりがち…。足元より少しスモーキーなピンクを合わせれば、印象が落ち着いて見えます。

  • ビビッドなビタミンカラーは地味色コーデの救世主
    足元&バッグにリンクしたボーダーを投入。全体が曖昧な地味色コーデでも、リンクした存在感のあるグリーンはインパクト大! ビビッドカラーの更新が今年らしく見える鍵。

  • 暖色は子供っぽくなる赤よりボルドーが使い勝手よし
    ストールのチェックから拾ったボルドーで、小物を統一。私にとっては赤より肌馴染みのいい色だから、秋冬は黒と合わせたり、これからの季節は白…と、年中ヘビロテの使える色。

  • ブルーのワントーンを格上げする鮮やかで聡明なロイヤルブルー
    同系色でまとめたワントーンコーデだからこそ、色の力にハッとさせられます。淡いワンピとデニムジャケットに目の覚めるようなロイヤルブルーが差し色になってこなれ感アップ。

  • 王道“ワンピース×コンバース”は甘さ控えめくらいがちょうどいい
    ワンピースにキレイめ靴もいいけれど、あえて私はヴィンテージ感たっぷりのネイビーコンバースを投入。ガーリーなワンピースの甘さをハイカットの無骨さで軽減させました。

【ブラック&ホワイト】

  • 白のワントーンコーデは“10%の黒”で引き締める!
    ゆるっとした白のワントーンコーデはともするとだらしなく見えることも。フレアパンツから覗かせた爪先、バケツバッグ、スカーフ…と少量の黒がコーデを引き締めてくれます。

  • アクの強いヒョウ柄カーデにクリーンな白の潔さを拝借
    「大阪のおばちゃん」と言われそうなヒョウ柄カーデ(笑)には、アク抜きに一役買ってくれる白小物や淡いデニムを投入。カジュアルダウンしつつ柄を上品に見せてくれます。

【なじませ色】

  • 意外なほど出番が多いのがベージュ!白と合わせてリッチ配色仕上げ
    体が泳ぐようなオーバーサイズトレンチには、あえて同系色小物を投入。ベージュの分量が多いから、白シャツの裾を片方だけ出して白の面積を増量。爽やかさがアップします。

  • 真っ白じゃない方がなじみやすい!ニュアンスあるアイボリーを指名買い
    メンズライクなオーバーシャツには、真っ白よりベージュに寄ったアイボリーを選ぶことで、女らしさと上質さを醸し出せます。柄物との親和性が高いのも嬉しいポイント。

撮影/山口陽平 取材/金 セアル 編集/中村 亮

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE