CLASSY.

特集

大人なら知っておかないと恥ずかしい!フランス生まれの名品ボーダー6選

ボーダーといえば、やっぱりフレンチブランド。大人なら知っておいて損はない、いつの時代も変わらず愛されてきた6つの名品をご紹介。なにげない一枚のボーダーに、もっと愛着が湧くこと間違いなしです。

1.Le minor

[ Since 1936 ]

ブルターニュ地方で創業。着心地のいい天然素材をベースに、 生産から縫製までの全工程を自社工場で行っています。日本でのルミノア人気に火をつけ、また同時に 衝撃を与えたのが〝肌見せ〟ボーダーこと背中開きのデザイン。両A面で着られるうえに、華奢見え効果のあるタイトなシルエットが、たくさんの女性から支持される理由です。

カットソー¥11,000(ルミノア/ゲストリスト)

Coordinate

No.1人気のブルーを コーデュロイタイトで 都会的に着る

マリンブルーのボーダーならではの爽やかさとリラックス感。シャープな女らしさを感じるコーデュロイタイトを合 わせ、街仕様にしたのがカギ。

カットソー[T1サイズ着用]¥11,000 (ルミノア/ゲストリスト)スカート ¥18,000(GALERIE VIE/GALERIE VIE 丸の内店)バッグ¥134,000(JIMMY CHOO)サングラス¥47,000(アイヴァン 7285/アイヴァン 7285 トウキョウ)時計[DW直営店限定]¥18, 000(ダニエル・ウェリントン/ダニエル・ウェリントン原宿)イヤリング¥3,000(LAGUNAMOON/LAGUNAMOON ルミネ新宿)

2.SAINT JAMES

[ Since 1889 ]

羊毛業が盛んなノルマンディー地方で創業した老舗。そのため当初は、羊毛を使ったニット業からスタートしました。地元の漁師や船乗りのマリンセーターにシャツ、そしてフランス海軍のボーダーシャツを手がけたことでも有名。定番のバスクシャツ「ウェッソン」(写真)、「ナヴァル」に加え、夏は半袖の「ピリアック」も人気!

カットソー¥10,000(セ ントジェームス/セント ジェームス 代官山店)

Coordinate

ボーダーとデニムの王道マリンルックは赤でパリジェンヌ気分

小粋なパリジェンヌを連想させる、ボーダー、デニム、赤の組合せ。足元をレディなピンヒールに替えて、王道のマリンルックを今再び。

カットソー[ウェッソン・T3サイズ着用]¥10,000(セントジェームス /セントジェームス 代官山店)デニムパンツ¥14,000(ヘルシーデニム /ゲストリスト)ベレー帽¥4,500(CA4LA/CA4LA ショールーム)バッグ¥75,000(モダン ウィーヴィング /プラージュ 代官山店)バッグに結んだスカーフ¥6,242(バナナ・リパ ブリック)パンプス¥74,000(JIMMY CHOO)ブレスレット¥24,000(AURO RE HAVENNE/GALERIE VIE 丸の内店) イヤリング¥7,750(アビステ)

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE