CLASSY.

特集

初対面で「疲れてる?」って思われないために

歓送迎会や年度始めで、仕事もアフター7も忙しくなるこの時季。充実する一方で、疲れが溜まるのはしかたないこと…。そこでCLASSY· 読者たちが実践している、上手く疲れを隠す方法を紹介。寝不足続きでも元気な第一印象を手に入れましょう。

はじめましての日、どちらが好印象?

誰にでも「感じいい」と思われるイメージといえば“元気さ”。もし待合わせ場所で会った人が乱れた髪や暗い顔色をしていたら、相手から余裕のなさを感じてしまいませんか。みんなが好感を抱くのは、爽やかでヘルシーそうな人なんです。

ニット¥16,000(NATUR AL BEAUTY)イヤリング ¥1,700ネックレス¥3,600(ともにアネモネ/サンポ ークリエイト)バッグ¥35,0 00(アディナ ミューズ/A DINA MUSE SHIBUYA)

疲れて見せないためにはまず“顔色をよくすることがポイント!

睡眠や肌をケアする時間が取れない時季、最も疲れが出やすいのは顔色です。メークだけでなく、服やアクセサリーも駆使して顔色アップする術を覚えておきましょう。

01 トーンアップしたいなら ラメニットが最強です

ニット¥17,000(レステラ/レナウン プレスポート)ピアス¥9,723(アビステ)ネックレス¥56,000( チェリ ーブラウン/アーツワークス)

寝不足で顔色が悪いときは、光の反射で顔周りを明るく見せてくれるラメニットを着ています。白を選べば“レフ板効果”がラメで強まって、さらに美肌になれるんです。(川口彩子さん、29歳、通訳)

シンプルに着こなせてトレンド感も手に入る!今季はラメニットが豊作です

  • ラメ×ウエストリボンでトレンド感を詰め込んだ一枚。¥28,000(ティート トーキョー/シアン PR)

  • シンプルなリブ素材のカーディガンに、繊細なラメの輝きをプラス。20,000(エストネーション)

  • インナーをラメに変えるのも手。¥ 5,800(ミラ オーウェン/ミラ オーウェン ルミネ新宿店)

02 パーティの日。定番の黒ワンピでもVネックならくすんで見えません

  • 仕事関係のパーティで頼りになるのが黒ワンピ。でも、暗い会場では顔がくすんで見えるのが難点。デコルテまで開いたVネックデザインを着ることで、抜け感を出して明るさをプラスします。(立川沙也香さん、29歳、マスコミ)

  • 暗い場所では、胸元のレフ板効果でこんなに差が

    同じメークで、Vネックとクルーネックを着て比較してみました。Vネックのほうが顔周りの明るさがアップし華やかな印象です。

03 トレンドのマスタード色のカーディガン。肩掛けで顔色アップ効果倍増です

カーディガン¥26,000(アクアスキュータム ホワイトレーベル/レナウン プレスルーム)シャツ¥15,000(マリベル ジーン/カイタックインターナショナル)

年中使っているカーディガンを、疲れている日はマスタード色に。肩掛けすると、顔色がパッと明るくなり、春らしい爽やかな印象にしてくれる気がします。(香川知絵さん、26歳、商社)

同じ黄色でも色味はさまざま。似合う色を探して

  • 優しく見えそうなライトイエロー。カーディガン〈3月納期予定〉¥4,900(CLEARIM PRESSION)

  • 日焼け肌にも合いそうな濃いめ。カーディガン ¥32,000 (ジョン スメドレー/リーミルズ エージェンシー)

04 少し乱れるだけで疲れて見えるから、ヘアは朝からキュッとまとめます

忙しい日はヘアを直す余裕もないのが現実。ポニーテールな ら、夜まで崩れず元気な印象に。さらに大ぶりピアスをつければ、疲れ顔から視線をそらせます。(藤田有咲美さん、27歳、商社)

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE