CLASSY.

特集

東西で驚きの差! Sサイズ読者のコート着こなし術

真冬のコート、オシャレ読者のみんなはどう着こなしてる?
旬のコートをテーマにした東京VS.関西で着こなし術の5番勝負。
どちらのエリアも参考になること間違いなしです!
第3回目は「Sサイズさんのコート選び」「ダウンコート」の着こなし対決をお送りします!

Sサイズ読者の選んだ コートと着こなしは?

着膨れ解消のため、東京はアウターとインナーの合わせ方で目線をコントロール。
関西はロングコートをエレガントに着こなしてスタイルアップを。

東京は…

丈やタイプに合わせて臨機応変に!

  • マキシ丈のコートとスカートで流行重視のバランスアップコーデ

    ヘリンボーン柄のロングコートが重たく見えないようにスカートに色味を入れたのがポイント。顔周りをすっきり見せるためトップスは白ニットを合わせます。 (久保田真奈さん・デザイナー・31歳・154cm)

  • 大きめフードのダウンにまとめ髪を合わせて目線をアップさせます

    カナダ生まれの本格ダウンはとても暖かいのにボリューム感が出にくくひと目ぼれ。スキニーボトムとDr.Martensのブーツでボーイズっぽくスタイリングしています。(岡本夏実さん・保育士・27歳・155cm)

  • ショートダッフルにミニ丈+タイツで脚長効果を狙う

    短めのコート丈に合わせてH&Mのニットとレザーミニスカートをコーディネート。ボトムスから靴まで黒で統一することで脚を長くバランスよく見せるのが狙い。  (水野真衣さん・製薬会社・31歳 ・151cm)

  • ボアコートの着膨れを逆手にタイトなボトムスでメリハリを

    たっぷりしたコクーンシルエットが特徴のボアコートは、中に着込んでも楽チンなのが特徴。裏起毛のスキニーとソックスを合わせれば暖かいのにすっきり見えます。 (原 小夜香さん・アパレル代表・31歳・155cm)

関西では…

膝下のロングをばっちり着こなします

  • 無駄のない縦長シルエットがスタイルアップの秘訣

    肩掛けする時でも袖をロールアップ。またトップスにビビッドな色を持ってくることで視線を上に集めます。  (山田紗有里さん・美容・33歳・155cm)

  • ジャストな肩位置と細長いアームのおかげで手の長さを 2 割増し

    肩が落ちていないすっきりしたシルエット を選びました。ハイウエストボトムスを合 わせることでバランスがグッと良くなります。  (池田沙梨香さん・アパレル・30歳・153cm)

  • アウターとインナーにコントラストを作ることでシャープな印象に

    アウターは中のスカート丈に合わせます。 膝下をすっきり見せるため、黒タイツ&黒 のピンヒールはマストです。(前田朝香さん・アパレル・28歳・154cm)

  • Sサイズが敬遠しがちなスーパーロング丈はインナーをワントーンに

    ワイドパンツにオーバーサイズのロングコートを羽織って、ボリュームを出しつつIラインをキープした着こなしです。  (伊原 葵さん・アパレル・21歳・153cm)

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE