CLASSY.

特集

東京&関西オシャレ読者のロングコートSNAP!

真冬のコート、オシャレ読者のみんなはどう着こなしてる?
旬のコートをテーマにした東京VS.関西で着こなし術の5番勝負。
どちらのエリアも参考になること間違いなしです!
第1回目はトレンドの「ロングコート」の着こなしを取り上げます。

膝下丈のロングコートがこの冬のスタンダード!

東京はキレイめ派とカジュアル派がともにすっきりと引き算をする一方、 関西は色や柄をプラスして盛るのがロングコートを着こなすポイントでした。

東京は…

ベーシックカラーが圧倒的に人気でした

  • 濃淡を効かせたグレーワントーンであったかスタイルに洗練を

    着込んで重くなりがちな真冬はライトグレーのコートにZARAのニットストールで着こなしにメリハ リを。足首もソックスで防寒ばっちり。(本山典子さん・PR・31歳)

  • ファーポケットが旬のネイビーコートはフレアスカートで大人っぽく

    ロングコートを開けて着る時はタートルをスカートにインして腰位置を高く、さらにパンプスとタイツを黒でつなげてすっきり見せます。 (加藤紀穂さん・IT関連・25歳)

  • ダブルフェイスのウールコートなら真冬も軽快な印象が叶います

    肩周りがゆったりしているので中にニットを着てももたつきません。服がすっきりしている分、プラステのファーバッグ の素材感をひと足し。 (中尾めぐみさん・メーカー・29歳 )

  • 白コート&スキニーの シンプルスタイルは 肩掛けでこなれ感を

    マキシ丈のコートは、定番のコーディネートに羽織るだけで今っぽく見せてくれる。コンサバな印象をカジュアルに整えてくれます。 (立川沙也香さん・マスコミ・29歳)

関西では…

差し色や柄で華やか度をアップさせます

  • 優しい印象のベージュコートは水色でこなれ感をプラス

    合わせ方次第でコンサバに見えてしまうベージュのコートは、あえて明るめのカラーやデニムを合わせてフレッシュに着こなします。 (前田広美さん・アパレル・30歳)

  • 白の清潔感を借りればデニムスタイルもお出かけ仕様に格上げ

    色物の洋服や小物を合わせる日は、暗いコートではクドくなりがち。そんな時は潔く白コートを合わせれば、色物がグッとキレイに際立ちます。 (富嶋和希さん・受付・22歳)

  • カジュアル派のロングコートはフード付きがハマる

    年中Tシャツ×デニムが定番なので、コート選びで雰囲気の操作を。フード付きのロングコートは、ぐんと女らしさを演出できます。 (前田慶子さん・医療関係・35歳)

  • タートルニットはVカラーのコートですっきりと垢抜けさせて

    ロングコートは貫禄が出てしまうこともあるけれど、Vカラーのコートをロングカーデ代わりにさらりと羽織れば、そんな心配は無用。 (沢村美緒さん・アパレル・25歳)

次週公開予定、第二回では「エコファー&エコムートン」「カラーコート」の着こなし対決をお送りします!

撮影/蓮見 徹〈東京分〉、 山口陽平〈関西分〉 取材/佐藤かな子〈東京分〉、 金 セアル〈関西分〉

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE