CLASSY.

特集

誰でも美人見え!秋の「新作アイシャドウ」BEST3【2019年秋のおすすめ】

ちょっぴり涼しさを感じてきて、そろそろ秋服を揃え出した人も多いはず。秋服にシフトするなら、メークも秋コスメにシフトするのがおしゃれなアラサー女子の掟ですよね。巷に溢れる2019年秋の新作コスメの中から、CLASSY.の誌面でも活躍中のヘアメーク川村友子さんにオススメを教えてもらいました。どれも取り入れるだけで「美人見え」が叶う新作アイシャドウ。使い方も簡単!しっかり詳しく聞いたので、不器用さんでも失敗ゼロなので、ぜひ新しい季節を共にする相棒として取り入れてみてくださいね。

ヘアメーク川村さんに聞いた「この秋、選ぶべき秋アイシャドウ」のポイントは?

「秋はやっぱりベーシックなブラウン~ベージュ系のアイテムが多いのですが、春夏よりもこっくりした深さのあるニュアンスカラー的な色やオレンジや赤みの入った柔らかさのある色に注目したいところ。いつものブラウンやベージュよりもひと癖あって、塗るだけで垢抜ける色なので、今っぽさが抜群なんです。テクスチャーもホイップタイプやしっとりパウダリー、クリームなど色々あるので、自分の目指すイメージでセレクトしても。旬の美人顔を狙うなら、最新コスメから選ぶのがいちばんの近道なんですよ」

1.目ヂカラUPも狙える強めな「ハンサムEYE」ならRMK

単色で作っているにも関わらず、グッと奥行きのある印象的な目元になっているのは、このRMKのツヤアイシャドウのおかげ。ハンサムでありながら女っぽさも同時に叶うカラーです。さりげない発色なので、会社対応ももちろんOK。

使ったのはコレ!

  • RMK ストーンホイップアイズ

    「グリーン×ゴールドの光感が絶妙なグレージュカーキ。グレーが入っているので塗るだけでフレーム感が出て目ヂカラが強くなるし、大人肌に馴染む色。ホイップクリームのような質感ですが、塗るとパウダリーになるのでヨレないんです」01 ¥3,500(RMK Division)

使い方も簡単!

  • 1.筆をボトルで少ししごいてから、アイホールの真ん中に軽く乗せて。

  • 2.薬指を使って、二重幅までワイパーのように動かしてぼかせば完成。

POINT
「目元に重心を置いてハンサム感を出したいので、リップやチークは極力控えめに。アイシャドウは二重幅ラインまでに完結させることもボヤけないポイントになります。下まぶたはラインで全体を引き締めるのがコツ」

2.「洗練された柔らかオシャレEYE」ならSUQQU

一歩先行くおしゃれ感を演出したい日やオケージョンにもぴったりな華やかさを纏えるのが旬のイエローをメインにした柔らかEYE。上品なパール感のおかげで子供っぽさや韓流メークっぽさを回避できるのでアラサー世代向きです。

使ったのはコレ!

  • SUQQU
    デザイニング カラー アイズ 13

    「黄色やパープルが難しいと思いがちですが、肌に乗せると抜群に馴染みがよく、抜け感が今っぽい素敵さを演出してくれます。4色全部使ってもちぐはぐな印象にはならないし、イメージに変化をつけて楽しめるので、お得なパレットですよ」¥6,800(SUQQU)

使い方も簡単!

  • 1.左下の色をアイホール全体にON。ただし、まつ毛のキワから入れるのではなく、アイホールの上部分から下に向けてブラシを動かすように乗せるのがコツ。

  • 2.右下の茶色をチップに取り、下まぶたの黒目下部分からワイパーのように動かしながら細く入れましょう。

POINT
「アイホールに使うブラシは太めのブラシで大胆に。ツヤを広く入れられるので、簡単にオシャレ見えするんです。また、上から塗り始めることで、目が締まりすぎず大人っぽく見える効果もあるんです」

3.女っぷりを格上げする「色っぽEYE」ならOSAJI

がっつりメーク感があるわけじゃないのに、ヘルシーな色気が纏える秘密はニュアンスブラウンの色。下まぶたに赤みが入ったブラウンを差すことで女っぽさも色気も5割増しに。 ぽってりしたタレ目感は王道のモテ顔演出に欠かせません!

使ったのはコレ!

OSAJI
ニュアンスアイシャドウ 左・d05、右・d01

「オシャレなニュアンスカラーが揃った単色カラーの中から、旬の赤茶とワイン系が入ったブラウンをセレクト。どんな肌色の人でも使いやすい2色は大人肌に映えて、優しげな女らしさを底上げしてくれます。敏感肌対応なのも魅力的!」各¥2,000(日東電化工業)

使い方も簡単!

  • 1.d05のオレンジブラウンカラーをチップに取り、目頭を抜いた下まぶた全体にON。目尻を少し太めにして重たくすることで、目幅拡大効果も狙って。

  • 2.上まぶたはd01のチョコブラウンカラーを使って、まつ毛の際をなぞるイメージに入れましょう。アイシャドウを塗るというよりもアイシャドウでアイラインを描くという感覚です。

POINT
下目尻を重たくするとタレ目印象になるので、より色っぽい雰囲気に仕上がります。また、下まぶたから塗ることで顔全体のバランスが整いやすくなり、上シャドウを盛らなくてもいい塩梅に。

ヘアメーク/川村友子さん
『CLASSY.』をはじめ、あらゆる女性誌にて活躍中。大人でも真似しやすい、旬を取り入れた「こなれ顔」を作ることに定評があり、最新アイテムや海外品へのアンテナも高い。スキンケアやインナーケアの知識も多く、モデルやスタッフからの信頼も厚い。

〈RMK〉ボーダーカットソー¥12,000(ルミノア/ゲストリスト)ピアス¥15,000(Jouete)バンダナ/ヘアメーク私物
〈SUQQU〉レースワンピース[インナー付き]¥36,000(ソブ/フィルム)ピアス¥7,195(アビステ)
〈OSAJI〉Gジャン¥32,000(アッパーハイツ/ゲストリスト)ピアス¥22,000(Jouete)キャミソール/スタイリスト私物

撮影/イマキイレカオリ(人物) モデル/加治ひとみ ヘアメーク/川村友子 スタイリスト/中村真弓 取材/矢﨑彩 構成/CLASSY.WEB編集室

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE