CLASSY.

特集

不器用さんでもできる!ゴム1本でできる「ボブ向け」簡単アレンジ【通勤にぴったり】

本誌「CLASSY.」でも人気を集める、〝ボブの人でもできる〟ヘアアレンジ企画。
今回は「CLASSY. ONLINE」特別編として、ボブの人でもできる、なのに簡単!なヘアアレンジを紹介します。
ゴムだけでできる、時間も3分もあれば完成。忙しい毎日を助けてくれること間違いなしです。

第1回目では、不器用さんでも絶対できる「とにかく簡単!」なボブアレンジを2つ、ご紹介します。
シンプルなスタイルですが、作り方をしっかりと紹介しているので、よく見て覚えてくださいね。

簡単ボブアレンジをご紹介

その1【人気継続中!ゴムを隠したひとつ結び】

どんな服にもマッチする万能さが人気の、こなれ感ある1つ結び

人気がずーっと衰えていないのが、ゴム1本で作れる1つ結びです。誰でも簡単に作れるのに今っぽい表情に決まるのが支持されている秘訣!(磯村愛梨沙さん/31歳・受付)

  • Side
    耳くらいの低めでまとめると、短いボブの髪でもパラつかずにキレイにまとめることができます。

  • Back
    ゴムの結び目を毛束で隠してあるので、疲れた印象に見える「おばさん結び」ではなくオシャレな印象に見せることができます。

作り方のポイントは「ラフな立体感を作ること」


  • 手ぐしを使って髪をまとめます。ブラシを使うとキッチリし過ぎてしまうのでNG。上を向いて髪をまとめることで、襟足までパラつかずに毛束を集めることができます。


  • 耳くらいの低めの位置で結びます。これより高いとボブの場合はポニーテールが崩れやすくなるし、低いと老けて見えてしまうことがあります。


  • 結んだ毛束を左右に広げると、ゴムが頭にフィットして結び目をしっかり固定できます。


  • 結んだ毛束から襟足の毛束を1つまみ分取り出し、根元に巻きつけて毛先をゴムにはさんでとめます。ゴムの結び目が隠れて、こなれた印象に。


  • 結び目をおさえながら、トップの髪を後ろに向けて引き出して高さと無造作感をプラスします。

その2【手が込んで見える!ハーフアップ×くるりんぱ】

くるりんぱして髪を引き出すだけなのに、凝ったアレンジに見える

不器用な人でもできるアレンジといえば、結んだ髪を1回転させるだけのくるりんぱ。より完成度を上げるには、髪を引き出したり後れ毛を出したりするのがポイントです!(花岡維生さん/31歳・秘書)

  • Side
    顔周りで揺れる後れ毛が、1ランク上のアレンジに仕上げてくれます。

  • Back
    くるりんぱした部分の髪を引き出すすと無造作感が出て、手の込んだアレンジのように見せることができます!

作り方のポイントは「くるりんぱした髪を引き出して崩すこと」


  • くるりんぱする髪を写真のような分量で分け取ります。耳周りの髪は残すのがポイントです。


  • 分けた髪を耳くらいの高さで結びます。根元から少し離れたところを、ゆるめに結ぶのがコツ。


  • ゆるめに結んだ髪を1回くるりんぱした状態です。


  • くるりんぱした毛先を左右に引っぱって、ゴムの結び目をきつく固定します。


  • 結び目をおさえながら、トップの髪を引き出して立体感をプラスします。


  • 顔周りに一束髪を下ろしたら、残りの髪は耳にかけてすっきりとさせます。


  • 後れ毛の毛先を指先でねじって、軽く動きを出します

いかがでしたか?簡単アレンジなので、ポイントさえ押さえておけば、出先でもささっとできそうですね。
ボブ派のみなさんの、明日からのアレンジにぜひ役立ててみてくださいね。

教えてくれたヘアメークさんは…
保志ゴローさん
(natura:港区南青山5-2-15 ヴィオレ南青山 ☎03-6427-4742 naturatokyo.com  )
NAVEさん
(PATIONN:東京都渋谷区神宮前4-2-17表参道4217ビル3F ☎03-6447-1735 Instagram@pationn_official)

撮影/大瀬智知 メーク/松岡咲由梨(natura)、mana 取材/よしだなお 編集/ガヤ美(CLASSY.WEB編集室)

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE