CLASSY.

特集

ボブもロングも!浴衣にぴったりの簡単ヘアアレンジ【花火大会はセルフアップで】

梅雨も明けて、夏真っ盛り、お祭りシーズンが到来!花火大会に、ちょっとしたお出かけに浴衣になる機会も増えてくるはず。そんな季節にぴったりな、浴衣の日にオススメのヘアアレンジを紹介します。
ボブの人、ロングの人それぞれに向けた「ラフでこなれ感あふれる」アップを紹介します。

今回オススメする「ラフでこなれ感あふれる」なアップはこの2つ!

【ボブ編】インスタ映え!高めおだんごハーフアップ

髪の短いボブでも高めのおだんごでまとめることができる、ハーフアップ。衿足の髪は毛先がハネるように散らすことで、浴衣にかからずスッキリと仕上がります。(石井里奈さん/通信関連会社勤務・29歳)

  • Side

  • Back

作り方のポイントは「耳上の髪はできるだけ高めでまとめる」


  • 耳上の髪をざっくり分けたら、頭頂部に向かって手ぐしを通してまとめます。


  • まとめた髪を、ゴムシニヨン(ポニーテールに結ぶ途中で、毛先を抜き切らないこと。根元と毛先付近がゴムで縛られた状態)にします。


  • ゴムシニヨンにした毛先付近を根元に巻きつけてゴムを隠し、毛先をゴムに挟んでとめます。


  • 結んだゴムの部分を手でおさえながら、顔周りの髪を引き出して無造作感をプラスします。


  • ワックスをつけた手で衿足の毛先を散らします。軽く外にハネさせて、浴衣にかからないようにして。

【ミディアム編】正面からおだんごがのぞく、カジュアルなアップ

元気な印象にしたいなら、まとめ髪のウエイトを高くするのがオススメ!今夏一押しなのが、「CLASSY.」本誌8月号でも特集を組んだばかりのおだんごヘア。おでこをすっきり出すと、涼しげでより浴衣に似合うまとめ髪になるんです。(湯浅菜穂さん/パートアルバイト・28歳)

  • Side

  • Back

作り方のポイントは「耳上と下で分けてまとめると崩れにくい」


  • 耳上の髪をつむじの高さでまとめ、ゴムで結びます。


  • 1で結ばなかった耳下の髪も、1にかぶせるように合わせてつむじの高さでまとめます。


  • 全体を1つにまとめ、ゴムもう1本を使って結びます。ミディアム以上の髪の長さの時は、一度にまとめるよりもゴム2本使うことでしっかりときれいにまとめることができます。


  • 結び目をおさえながら、トップの髪を引き出して軽くラフさが感じられるようにします。


  • 結んだ毛束を根元に巻き付け、さらにゴムをかぶせて毛先まで固定しておだんごにします。


  • 根元をおさえながらおだんごの髪を引き出してお団子のフォルムを大きくし。ふんわりとさせて完成です。

週末も花火大会やお祭りが目白押し!浴衣に似合う簡単セルフアップ、ぜひマスターしてみてくださいね。

撮影/大瀬智知 メーク/松岡咲由梨(natura)、mana 取材/よしだなお 編集/ガヤ美(CLASSY.WEB編集室)

教えてくれたヘアメークさんは…
保志ゴローさん
(natura:港区南青山5-2-15 ヴィオレ南青山 ☎03-6427-4742 naturatokyo.com  )
NAVEさん
(PATIONN:東京都渋谷区神宮前4-2-17表参道4217ビル3F ☎03-6447-1735 Instagram@pationn_official)

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE