CLASSY.

特集

【ボブ向けもロング向けも】浴衣に似合う、簡単オシャレな3分ヘアアレンジ【いい女風編】

梅雨も明けて、夏真っ盛り、お祭りシーズンが到来!花火大会に、ちょっとしたお出かけに浴衣になる機会も増えてくるはず。そんな季節にぴったりな、浴衣の日にオススメのヘアアレンジを紹介します。
ボブの人、ロングの人それぞれに向けた「大人のいい女風」なアップを紹介します。

今回オススメする「大人のいい女風」なアップはこの2つ!

【ボブ編】耳から衿足にかけてのねじりがアクセントの1つ結び

低めで1つに結ぶのがやっとのボブは、長さのあるサイドの髪で遊びを作るのがオススメ。耳から衿足にかけて髪をねじり、横顔も後ろ姿も華やかな印象に仕上げました。
(石井里奈さん/通信関連会社勤務・29歳)

  • Side

  • Back

作り方のポイントは「後れ毛を気にせずねじること」


  • 顔周りに少量の髪を残し、右サイドの髪を根元から毛先までリバース(時計回り)にタイトにねじります。


  • 左サイドの髪も同様にリバース(こちらは反時計周り)ねじり、両サイドの毛先を後ろにもってきます。


  • 全体の髪を後ろで1つにまとめてゴムで結びます。パラつく髪を気にせずに結んでOK。パラっと落ちた髪も、適度なほつれ感を感じさせてくれます。


  • 結んだ毛束の毛先を左右に広げてゴムの結び目をキュッとさせ、頭にフィットさせてしっかり固定します。


  • 結んだゴムをおさえながらトップの髪を引き出して高さを出し、シルエットを整えて完成です。

【ミディアム編】浴衣に似合う、低めでまとまったギブソンタック

しっとりとした印象にしたいなら、低めの位置でまとめるのが正解。衿足にボリュームがでるギブソンタックは、浴衣を大人顔に着こなしたいときに最適のアップヘアです。
(湯浅菜穂さん/パートアルバイト・28歳)

  • Side

  • Back

作り方のポイントは「ハーフアップのくるりんぱに髪をしまい込む」!


  • 耳上の髪を左右に分けます。つむじ部分の髪は残しておくのがポイント。

     


  • 左右の髪をゴムを使って後ろで結び、くるりんぱ(※毛先を根元部分に上から通すこと)します。


  • 結んだゴムを手で押さえながら、結んでいない左耳下~左衿足の髪を一束つまみます。くるりんぱした毛束の内側に入れ込みむように、毛先まで巻き付けていきます。


  • さらに左の衿足に残った髪を、同様に内側に入れ込みます。


  • 3・4と同様に、右の髪も2回に分けてしまい込みます。


  • 毛先がパラつきそうな中央部分は、上からピンをさして固定して完成です。

週末も花火大会やお祭りが目白押し!浴衣に似合う簡単セルフアップ、ぜひマスターしてみてくださいね。

撮影/大瀬智知 メーク/松岡咲由梨(natura)、mana 取材/よしだなお 編集/ガヤ美(CLASSY.WEB編集室)

教えてくれたヘアメークさんは…
保志ゴローさん
(natura:港区南青山5-2-15 ヴィオレ南青山 ☎03-6427-4742 naturatokyo.com  )
NAVEさん
(PATIONN:東京都渋谷区神宮前4-2-17表参道4217ビル3F ☎03-6447-1735 Instagram@pationn_official)

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE