CLASSY.

特集

【若見えして洋服も似合う♡】今、一番オシャレなボブはコレだ!

「オシャレな人=ボブ」が定着した今、ぱつっと切られたカットラインのボブの万能性が再び注目を集めているんです。顎ラインで揺れる重めの毛先が、少女のようなフレッシュな印象を作ってくれるぱっつんボブは、アラサーを若々しく見せてくれる効果も。ショートヘアが伸びてきた人にもオススメです!

■基本のぱっつんボブ

  • BEFORE

  • AFTER

    今っぽさも女らしさも!
    洗練されたラフなムードがカギ

    裾は、サイドもバックもパツッと重ために見せるカット。質感はちょっとだけウェットで束感を出した方が、今っぽさUP。

     

  • SIDE

  • BACK

HOW TO SET

  • 1.まず、生えグセに合わせて
    髪を分けます

    自分の髪の生えグセ(髪を後ろにかき上げたときに自然に割れるところ)に合わせて、髪全体を手ぐしで二つに分けます。

  • 2.次に毛先を32㎜の
    コテでまっすぐに

    32㎜のコテで毛先が首のラインに沿うようにします。巻くのではなく、コテで毛先を挟むだけ。ワンブロックずつ挟んで。

  • 3.髪の表面を、コテで
    整えてまっすぐに

    髪の表面の上部から毛先の手前までがまっすぐになるようにコテで整えます。髪のうねりがなくなるようにしましょう。

  • 4.オイルを髪全体に
    つけてスタイリング

    オイルタイプのスタイリング剤を手に取り、髪全体につけます。ほどよいウェット感と艶感が生まれて、さらにヘルシーな雰囲気に。

  • 5.仕上げに髪の生え際にも
    しっかりとオイルを

    顔の両サイドの髪の生え際にもしっかりオイルを塗り込んで。こうすることでより艶感がプラスされ、今っぽく仕上がります。

■センター分け外ハネ

  • 無造作な外ハネで
    若々しさと大人っぽさを両立

HOW TO SET

  • 1.毛先をコテで
    巻いて外ハネに

    髪全体を手ぐしで整え、センターで分けます。その後、32㎜のコテで毛先を挟むようなイメージで巻いていって。

  • 2.仕上げにワックスをつけて
    毛先に束感をプラス

    手のひら全体にワックスをつけて、髪全体に揉み込みます。とくに毛先にしっかりつけて、束感を出すと今っぽく。

■8:2分け

  • ボブもいい女っぽく気取れる
    モードなかき上げ風アレンジ

HOW TO SET

  • 1.顔の輪郭に沿って毛先を
    32㎜のコテでまっすぐに

    髪が濡れている状態で髪全体を8:2に分け乾かします。その後32㎜のコテで毛先をみ、髪をストレートに。

  • 2.分け目の生え際に
    スタイリング剤をたっぷり

    仕上げにミルクタイプのスタイリング剤を全体につけます。生え際にたっぷりとつけると分け目が崩れにくくなります。

■耳かけタイト

  • クリーンで女らしい雰囲気は
    潔くタイトな耳かけヘアで

HOW TO SET

  • 1.生えグセに合わせて
    分け目を作ります

    まずは前髪の生えグセに合わせて髪を二つに分けます。コームは使わず手ぐしでささっと分ける程度で大丈夫。

  • 2.髪全体、とくに
    生え際にオイルをON

    髪全体にオイルをつけます。このとき、髪の根元からしっかりとつけることで、タイトなシルエットが長時間持続。

  • 3.仕上げにサイドの髪を
    耳にしっかりかけて

    最後にサイドの髪を耳にかけます。タイトなシルエット&髪を耳にかけることで、清潔感のある印象がぐんとUP!

■S字カール

  • フェミニンな雰囲気をまとえる
    やわらかなS 字巻き

HOW TO SET

  • 1.まず26㎜のコテで
    毛先を少しカール

    最初に髪の毛先を26㎜のコテで挟み、少しだけカールさせます。巻くというより挟むような感覚で、自然な外ハネに。

  • 2.髪の中間部分を
    縦に巻いて〝S 字〟に

    次に髪の中間を縦にひと巻きしてS字カールを作ります。先に毛先を巻いているからボリュームが出すぎません。

  • 3.ウェット感が出る
    スプレーで抜け感を

    最後にスプレーを髪全体にかけることで、カールが持続。甘めな巻きも、ウェット感と束感が出て今っぽい仕上がりに!

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE