CLASSY.

特集

ボブにはボブの巻き方があるんです

1.生えグセを整えて 巻く前のベースを作って

ハネている毛先ではなく、毛流れの始まりである根元に数プッシュ水を吹きかけます。

つぶれている前髪やサイドの根元が立ち上がるように、手ぐしを通しながらハンドブロー。

トップの根元のつぶれも毛先のハネの原因です。髪を軽くつまみ、立ち上がった根元に風を。

2.ストレーターを使って 根元から毛先まで内巻きに

サイドの髪をストレーターで挟めるくらいの少量に分けます。3段くらいの横スライスにして。

ストレーターで根元を挟みます。頭皮に対して垂直になるように挟むのがポイントです。

その角度で挟んだまま髪の中間までスライド。髪を軽く引っ張るようにしっかりと挟んで。

ストレーターを内側に90度回転させます。その角度のままアイロンを横にスライドさせます。

3.バックも3段に分けて 同じように内巻きに

サイドより巻きにくいですが、毛束の量を少なめにするときれいに巻けます。一番下の衿足の髪は巻かないでそのままに。

4.衿足は根元をつぶしながら 毛先まで外巻きにして

耳の中間より下の髪を全て外巻きにします。サイドとバックの髪をとめておくと巻きやすい。

毛先が下に向くようにストレーターで根元から挟んだら、下に向かって中間までスライド。

ストレーターを外側に90度回転させます。その角度のまま下に向かって毛先までスライド。

5.ランダムに引き出した髪を ハネさせてアクセントに

内側から髪を一束引き出します。3本の指先でつまめる程度の少量を引き出して。

中間をストレーターで挟みます。強めの外ハネにしたいときは、もう少し根元よりを挟んで。

ストレーターを後ろに向かって90度回転させたら、そのままスライドさせて外ハネに。

毛先を前に向けたいときは、ストレーターを前に向かって回転させて同様にスライドします。

前髪の中間を挟み、後ろに向かって90度回転させたらそのまま毛先までスライドします。

6.スタイリング剤をつけて ツヤっぽい束感を作る

毛先をもみこむようにスタイリング剤をつけると、カールが長持ちするだけでなくトレンドなツヤ感が出ます。

次ページではこの巻き方をベースにしたアレンジを紹介します!

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE