CLASSY.

特集

夏の暑さはすべて「ナチュラルボブ」が解決してくれる!

CLASSY.でカバーを務めるオードリー亜谷香。28年間ずーっとロングだった彼女もこの夏初めてボブにカットしました!
〝今どき〟が詰まったナチュラルボブの解説と、 初心者でもできるアレンジを紹介します!

この夏おススメのボブってこういうこと!

  • レングスは…
    肩につく長さ!

    ボブというと肩上をイメージすることが多いと 思いますが、オードリーボブの特徴は毛先が肩 にのっていること。長めなのでオードリーのリ クエスト通り簡単に結べるし、ダウンのときは ハネた毛先に自然な動きが出るよう厚みを調整。

  • サイドは…
    低めのレイヤーを

    サイドはリップ下くらいの高さからレイヤーを 入れるのがポイント。この高さのレイヤーだと 後ろで結んだときに毛先をすっきりと入れ込む こともできるし、ニュアンスを出したいときは 毛先をパラパラと落とすことも可能に!

  • 前髪は…
    シースルーバング

    薄めの前髪を目の下から鼻下の高さでギザギザ に切ったシースルーバング。下ろすことも、かき上げることもできる万能な前髪です。前髪の 少し奥の髪は、前に持ってくる毛を少量にして サイドに流す用に長さをキープしています。

ボブの魅力は、ダウンのままでも変化をつけられること!

ボブといっても長めなので、巻いた時に外ハネだけで終わらず動きが出ます。
ウェットヘアにもトライしやすい長さ。
それぞれの質感でこのまま後ろにひとつ結びにしても可愛い!

例えば… 「トレンドウェットヘア」に!

この夏、みんながトライしたい髪型No.1のウェ ットなアレンジ。ボブなら、いちばん難しくな く、やりやすい長さ。Tシャツなど、カジュア ルスタイルのオシャレ度が断然アップ!

スタイリングはこうする!

  • 1.
    全体を濡らしてハンドブロー。このひ と手間でクセを直しておくことが大事。

  • 2.
    顔周りの髪を前に引き出しながらハン ドブロー。生えグセを直します。

  • 3.
    ワックスやジェルを指先にのるくらいの少量を手の平でのばし、3回くらいに分けて塗ります。

  • 4.
    髪を持ち上げて内側にもみ込みます。 表面だけに塗るとベタつく原因に。

  • 5.
    前髪をつまんで束を作ります。大胆に 2、3本作るとオシャレに決まる!

例えば… 「女らしいゆる巻き」に!

女らしさが増すヘアスタイルは、こんなスカ ートカジュアルをぐっとムードあるものにし てくれる。巻いたままでなく、巻いたら崩す! その工程が無造作に仕上げる最大のポイント。

スタイリングはこうする!

  • 1.
    トリートメントを毛先~中間になでる ようにつけてパサつきを防止。

  • 2.
    髪をかき上げながらハンドブローして、 根元を立ち上げることが大事!

  • 3.
    ランダムに一束引き出して毛先を巻き ます。内、外いろんな方向に巻いて。

  • 4.
    衿足から大胆に手ぐしを通し、巻きを 全てほぐすと今っぽいカールに。

  • 5.
    深めの位置から前髪をかき上げるよう に分けて、サイドを耳にかけます。

いかがでしたか?
まだまだ厳しい暑さが続くと予想されている今年の夏。
ボブに切ると涼しいし、女っぽいし、ヘルシーだし、いいことしかないですよ!

撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) モデル/オードリー亜谷香  ヘアメーク/平元敬一 スタイリング/荒木里実  取材/よしだなお

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE