CLASSY.

特集

ボブにしたらメークも更新しなきゃ!

最旬のパステルアイシャドウに合わせた春のフェミニンメーク

Base

元からきれいに見えるツヤ肌は光を操るアイテムで

  • 01 下地を顔全体に塗る。頬の広い部分から徐々に塗り広げていく。置いたところで固まってしまうので、あえて 5 点置きなどはしないこと。

  • 02 ファンデーションは顔の内側のみに。ボブだとロングより縦長効果が少なく顔全体に塗ると顔が大きく見えが ちなので、外側は塗らずヌケを作る。

  • 03 ファンデーションを顔にのばしたら、指先で優しくたたきこむようにしてなじませていく。あくまで、内側の みに、外側にはのばさないように。

  • 04 フェースラインに残した素肌の部分と、内側のファンデーションの境目を指でおさえて、丁寧にぼかす。自然な陰影のある肌に。

  • 05 ハイライトを目尻に入れる。目がキュッと上がって見えるだけでなく、クマや目元のくすみなどが消えて、肌がキレイに見えるように。

  • 06 ハイライトを法令線にも入れる。法令線とかぶせてのせ、上に向かってぼかす。ふたつのハイライトでチークが上がってリフトアップ効果が。

下地▶︎薄膜パールで肌アラをカバー、ツヤとハリ感をプラス。リアダプトグロウ プライマー 01 ¥3,800(セルヴォーク)ファンデー ション▶︎美素肌になりすますツヤの高いオイルリキッド。ヌード ウェア リクイド 102 SPF19 PA++ 30mℓ ¥7,000(SUQQU/ 3 月 2 日発売) ハイライト▶︎湧き上がるみずみずしいツヤをオン。ルナソル ラディアントスティック01 ¥3,000(カネボウ化粧品)

Eye

ライトグリーンをまぶたに広くつけて春を感じる目元に

  • 01 チップでパレットの左上のライトグリーンを二重の幅に入れる。淡い色は広く入れると目の印象がぼけてしまうので、ポイントをしぼって。

  • 02 目の中央の眼球が高くなっているところにライトグリーンを重ねて丸くする。こうするとぼけずに、目を閉じたときも色を感じられるように。

  • 03 明るいブラウンのペンシルシャドウで上まぶたの際に太めラインを引き、引き締める。淡い色なのでぼやけないよう目頭と目尻はあけ短めに。

  • 04 下まぶたの目尻から2/3のところまでブラウンのアイシャドウペンシルを引く。 囲み目風にしても軽やかなのは明るいブラウンのなせる技。

アイシャドウ[右]▶︎ライトグリーンやオレンジの旬パステルがin。ヌーヴェルアイズ 23 ¥5,500(エレガンス) アイシャドウ[左]▶︎赤みのある明るいブラウン。オンブル イプノーズ スティロ 24 ¥3,800(ランコム/3月2日発売)

Lip

リップはソフトマット。 色ではなく質感で主張する唇

  • 01 リップの付属のチップで唇の輪郭に沿って塗る。乾きかけるとよれやすくなるの で、なるべくサッと的確にラインをとって塗るのがコツ。

  • 02 続いて、サッと内側も塗りつぶす。乾いてくるとソフトマットな質感の薄膜リップに。柔らかさとモード感を両立するほどよい唇に。

リップ▶︎塗ってしばらくするとソフトマットな質感に。薄膜で淡い色もくっきりキレイに発色。ル ージュ ココ リップ ブラッシュ 410¥3,900(シャネル/3月9日発売)

撮影/彦坂栄治(まきうらオフィス)〈人物〉、草間智博〈静物〉モデル/菅原沙樹 ヘアメーク/林 由香里(ROI) スタイリング/大島 愛  取材/中尾のぞみ 編集/前田章子

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE